実写版『サザエさん』クラスのマドンナ・かおり役は黒川智花!周囲と比較して焦るアラサー女子に | RBB TODAY

実写版『サザエさん』クラスのマドンナ・かおり役は黒川智花!周囲と比較して焦るアラサー女子に

11月24日に放送される『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)にて、黒川智花が20年後のかおり(31歳)を演じることが決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 11月24日に放送される『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)にて、黒川智花が20年後のかおり(31歳)を演じることが決定した。


 今年10月にアニメ放送50周年を迎える『サザエさん』。20年後の同アニメを描いた同作では、カツオを濱田岳、ワカメを松岡茉優、タラオを成田凌、波平を伊武雅刀、フネを市毛良枝、マスオを西島秀俊、そしてサザエを天海祐希が務めることが発表されている。盆踊り大会に家族みんなで集合と呼びかけるも、いつの間にか、やらなきゃいけないことばかりを考えるようになった磯野家。果たして、サザエは再び、あの頃の太陽のように温かな磯野家を、取り戻すことができるだろうか?

 黒川演じるかおりは、かつてかもめ第三小学校でカツオのクラスメートであり、早川・花子と仲が良かった。成績優秀のお金持ちのお嬢さまで、クラスのマドンナ的存在。カツオも思いを寄せるひとりで、アニメではカツオの恋心が描かれる際に登場することが多い。かおりもカツオの思いにまんざらでもない様子の時もあったのだが...。20年がたち、カツオとは相変わらず“同級生”として付き合いを続けているかおり。「人は人、私は私」と言い聞かせつつも、結婚、出産、もしくは仕事のキャリアアップなど人生の過渡期を迎えている友人たちと自分を比べては不安に駆られている姿を、黒革がどのように演じるのか注目。

 黒川は今回のオファーについて「かおりちゃんといえばミニスカートに、大きなリボンを付けるのかな?!と驚きましたが、20年後のお話と聞いてより一層楽しみになりました」とコメント。見どころについては、「愛らしい少女のかおりちゃんが、大人になってお酒を飲む姿は想像したことがありませんでしたが、長年の友人の前だからこそ見せられる表情があるのかなと思って演じました。皆々の20年後をお楽しみに」と呼びかけた。

 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)は、11月24日20時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top