山本彩、ニューアルバム収録曲がマラソン中継応援ソングに決定 | RBB TODAY

山本彩、ニューアルバム収録曲がマラソン中継応援ソングに決定

山本彩が12月25日に発売するニューアルバムに収録される新曲「TRUE BLUE」が、日本テレビ系の女子陸上中継を盛り上げる応援ソングに決定した。

エンタメ 音楽
山本彩、ニューアルバム収録曲がマラソン中継応援ソングに決定
  • 山本彩、ニューアルバム収録曲がマラソン中継応援ソングに決定
 山本彩が12月25日に発売するニューアルバムに収録される新曲「TRUE BLUE」が、日本テレビ系の女子陸上中継を盛り上げる応援ソングに決定した。

※注目写真集をチェックする

 「TRUE BLUE」は、大木伸夫(ACIDMAN)がプロデュースを務める楽曲。“疾走感溢れるアッパー・チューン”になっているとのことで、まさにマラソン中継にはうってつけといえる一曲だ。なお、中継の対象となるのは、10月27日に仙台で開催される大学女子の駅伝日本一決定戦「第37回全日本大学女子駅伝」、そして12月8日に開催される2020東京五輪の女子マラソン日本代表選考レースでもある「第5回さいたま国際マラソン」。

 山本は今回のオファーについて「『私でいいんですか?』というありがたさと、驚きがありましたが、声を掛けていただけるというのは本当にありがたかったので、音楽で力になりたいなという思いで書かせていただきました」と喜びの心境をコメント。同楽曲は作詞作曲も担当しているが、「誰かの背中を追いかけながら走ることや自分の気持ちに負けずに走る場面っていうのをすごく考え、悩んで作ったので、そこに力をもらってもらえたらうれしいなと思います。歌詞的にもメロディー的にも、立ち止まることやスピードをゆるめることに対し、肯定して背中を押せる、応援する立場にいられたらいいなという思いで作りました」と歌詞やメロディーに込めた想いを語った。

 最後に視聴者に向けては、「この曲はマラソンや駅伝ランナーの皆さんのことを考えながら作った曲ではあるんですけれど、『自分と戦っている』『何かと戦っている』そんな皆さん全てに当てはまる歌なのかなと思います。私も自分自身を鼓舞するためにも生まれた曲になりました。『TRUE BLUE』をマラソンや駅伝と重ねながら聴いていただけたらうれしいです。また、中継当日は一緒にレースで選手たちの勇姿を見て、一歩踏み出す力や勇気をもらいましょう!」と呼びかけている。
《KT》

関連ニュース

page top