飯豊まりえ、横浜流星らと高校の同級生トークを披露…男性陣から突っ込みも | RBB TODAY

飯豊まりえ、横浜流星らと高校の同級生トークを披露…男性陣から突っ込みも

映画「いなくなれ、群青」(9月6日公開)の完成披露試写会が12日、都内にて開催され、横浜流星、飯豊まりえらが舞台挨拶に出席した。

エンタメ 映画・ドラマ
飯豊まりえ【写真:竹内みちまろ】
  • 飯豊まりえ【写真:竹内みちまろ】
  • 中村里帆【写真:竹内みちまろ】
  • 矢作穂香【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「いなくなれ、群青」完成披露試写会【写真:竹内みちまろ】
  • 横浜流星【写真:竹内みちまろ】
  • 黒羽麻璃央【写真:竹内みちまろ】
  • 松岡広大【写真:竹内みちまろ】
  • 松本妃代【写真:竹内みちまろ】
 映画「いなくなれ、群青」(9月6日公開)の完成披露試写会が12日、都内にて開催され、横浜流星、飯豊まりえらが舞台挨拶に出席した。

 同作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得した河野裕による青春ファンタジー小説「いなくなれ、群青」の映像化作品。横浜が「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な主人公・七草を、飯豊が七草の幼馴染み・真辺由宇を演じる。

 イベントには、横浜、飯豊のほか、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳明菜監督、神前暁(音楽)が登壇した。

 飯豊は、劇中のキャラクターと自身の似ている点などを尋ねられると、「私自身は、『悲観主義ではないなか』と思います。どちらかというと、『こう思えばこうなる』と信じているタイプなので。『目標を口に出すことは間違っていない』と、本当にそう思っていますので」と自己分析。

 また、トークでは、それぞれの高校時代の様子が話題にあがった。松岡が「僕ですか? そうだな…どうでした?」と口にすると、飯豊が「ええ(どうだったろう)」と声をあげた。横浜、飯豊、松岡、矢作の4人は「高校の同級生」だそうで、飯豊は「広大くんとはクラスメイトです」といい、横浜は「僕も穂香とは同じクラスでした」と続けた。

 飯豊は、自身の高校生時代について、「正義感みたいなものは、わりと、自分で言ってしまうほど強い子だと思っているんです。というのも、誰かが『牛乳、飲めない』と言ったら、(代わりに)飲んでた」とにっこり。横浜や松岡から「正義感? 優しさ?」と突っ込まれていたが、矢作は「前に一緒にごはんに行ったときに、私がぜんぜん食べられなかったものを、まりえが『食べてあげる』って言って、ちゃんと全部食べてくれた」とエピソードを紹介。横浜や松岡から「普通のガールズトークをしてます」と、さらに突っ込まれていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top