松本穂香が角川春樹監督作品で主演に!映画『みをつくし料理帖』 | RBB TODAY

松本穂香が角川春樹監督作品で主演に!映画『みをつくし料理帖』

角川春樹が生涯最後のメガホンをとり、ベストセラーとして知られる小説『みをつくし料理帖』の劇場版映画を製作することが決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会
  • (C)2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会
  • (C)2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会
 角川春樹が生涯最後のメガホンをとり、ベストセラーとして知られる小説『みをつくし料理帖』の劇場版映画を製作することが決定した。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 『みをつくし料理帖』は高田郁(「高」は正確には「たつさき」)による累計400万部を超えるベストセラー小説。江戸を舞台に両親を水害で亡くした大阪出身の料理人・澪が料理に真摯に向き合いながら運命を切り開いていく姿を描く物語で、2012年と2014年にはテレビ朝日で北川景子主演でスペシャルドラマ化。2017年5月13日~7月8日にはNHKで黒木華主演で連続ドラマ化された。

 今回、『みをつくし料理帖』刊行10周年を記念し、角川監督の手によって劇場版映画となることが決定。クランクインは2019年8月を予定している。

 このたび、制作決定に伴いメインキャスト3人も発表。主人公・澪役には松本穂香、そして澪と幼馴染の野江を奈緒、江戸の吉原で頂点を極めるあさひ太夫を守る男・又次を中村獅童が演じる。

 角川監督は今回の映画化決定に「高田郁さんの『みをつくし料理帖』が発刊されて十年、何度も映画化の話が持ち上がっては流れてきた。今になって振り返ってみると、全てが眼に視えない世界によって、私が製作・監督をすることが決定されていたと思われる」とコメントし、「私はこの映画に身を尽くす」と決意を語った。

 また、主演の松本は「たくさんの人に愛されている作品の映画化! しかも主人公ということで、初めは驚きましたが、いまは澪を演じられる幸せな気持ちでいっぱいです」と喜びをコメント。「澪という人は、芯の強さ、周りを包み込むような優しさをいっぱいに持っている人だと思っています。そんな澪を演じることで、物語の中に流れるあたたかさを、観てくださる皆さんにも感じて頂けるように、精一杯頑張りたいと思います!」と意気込んだ。

 映画『みをつくし料理帖』は2020年秋公開。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top