櫻井翔、「18歳のときにジャニーズ辞めようと思ってた」 | RBB TODAY

櫻井翔、「18歳のときにジャニーズ辞めようと思ってた」

嵐・櫻井翔が、2日放送の『ウチのガヤがすみません!2時間SP』(日本テレビ系)に出演。大学進学の裏に隠された意外な事実を語った。

エンタメ その他
 嵐・櫻井翔が、2日放送の『ウチのガヤがすみません!2時間SP』(日本テレビ系)に出演。大学進学の裏に隠された意外な事実を語った。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 1995年にジャニーズ事務所に入所した櫻井は、99年に嵐としてデビュー。翌2000年、慶應義塾大学に進学した。これについてフットボールアワー後藤輝基から、「慶応大学に入ろうというのも、『ちゃんとした学歴で頑張ってるアイドルっていないかな』って思って入ったの?」と質問が飛んだ。

 すると櫻井は、「いや、大学に行ったら(ジャニーズを)辞めようと思ってたんです」と衝撃の告白。高校3年生、17歳の夏に嵐のメンバーに選ばれたものの、櫻井は「(もともと)18になったら辞めようと思ってた」と語った。

 さらに彼はジャニーズJr.時代から「他の人がやってないことをやりたい」と思い立ち、金髪にしたりカラーコンタクトを入れていたという。このように自由に挑戦していたのも、18歳で辞めようと心に秘めていたためで、「(それで)怒られても『まあ別に』」と気にしなかったと語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top