大谷亮平、『逃げ恥』以来3年ぶりTBS連ドラ出演 | RBB TODAY

大谷亮平、『逃げ恥』以来3年ぶりTBS連ドラ出演

7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS)に、大谷亮平の出演が決まった。大谷は2016年に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』以来、3年ぶりの同局連続ドラマ出演となる。

エンタメ 映画・ドラマ
大谷亮平、『逃げ恥』以来3年ぶりTBS連ドラ出演
  • 大谷亮平、『逃げ恥』以来3年ぶりTBS連ドラ出演
  • 大谷亮平、『逃げ恥』以来3年ぶりTBS連ドラ出演
  • 大谷亮平、『逃げ恥』以来3年ぶりTBS連ドラ出演
 7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS)に、大谷亮平の出演が決まった。大谷は2016年に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』以来、3年ぶりの同局連続ドラマ出演となる。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 同ドラマの主演は大泉洋。大泉が演じるのは大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振と巨額の赤字にあえいでいた。ラグビーの知識も経験もない君嶋にはGMとして経営戦略的な見地からチームを再建させるという重荷が課せられた。出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。共演は、松たか子、笹本玲奈、中村芝翫、上川隆也も決定している。

 大谷は、君嶋とともにアストロズ再建を目指す最強のパートナー・柴門琢磨役に決定。大谷が演じる柴門は、アストロズの監督。「全ては勝利のためにある」が哲学でとにかく勝ちにこだわる情熱的な男。大学ラグビー部の監督を務めた経験があり、アストロズの監督に招聘された。GMである君嶋とは、過去にある因縁があった。また、大泉と大谷が率いるアストロズのメンバーにも高橋光臣、ブリリアンのコージ、芸人・笠原ゴーフォワードら個性的なメンバーが決定。

 さらに、、アストロズのメンバーとして天野義久、廣瀬俊朗、齊藤祐也、田沼広之、鶴ケ崎好昭、北川勇次、仲村慎祐、阿久根潤ら実際のラグビー元日本代表選手たちもレギュラー出演する。

 大谷は今回の決定について、「今回池井戸先生の作品に参加でき、とても光栄に思っています。僕が韓国で活動していた時も『日曜劇場で池井戸先生の作品がすごい』と伝わってきていました。サラリーマンの友人からも『日曜劇場のドラマを観ると本当に月曜日の元気が違う!』と言われたこともあります。それくらい影響力があり、社会で戦っている人たちにダイレクトに届くメッセージ性の高い作品を数多く書かれている先生の原作なので、嬉しいと同時に、責任感と熱量を持って挑まなければいけないと思っています」と意気込んだ。

 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)は、毎週日曜よる9時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top