群馬出身の中山秀征・井森美幸・JOYが語る、「ぐんまあるある」「ぐんま愛」とは? | RBB TODAY

群馬出身の中山秀征・井森美幸・JOYが語る、「ぐんまあるある」「ぐんま愛」とは?

16日あさ7時からは、『ボクらの時代』(フジテレビ系)が放送。ゲストには、中山秀征、井森美幸、JOYが登場する。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 16日あさ7時からは、『ボクらの時代』(フジテレビ系)が放送。ゲストには、中山秀征、井森美幸、JOYが登場する。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 井森は、15歳の時ホリプロスカウトキャラバンで12万人の中から見事グランプリに選ばれ、華々しくデビュー。一方で、中山は、あらゆるオーディションに落ち続けながら、ついに受かった渡辺プロダクション主催の"第二の吉川晃司"オーディションをきっかけに17歳でデビュー。JOYは雑誌『men’s egg』にて2003年からモデル活動を開始した。

 一見、何の共通点もなさそうな3人ではあるが、実は"ぐんま大使”に任命されている中山、井森、そしてJOYは"高崎観光特使"と、群馬にゆかり。仕事、プライベートでの"ぐんまあるある""ぐんま愛"などを思い思いに語り合っていく。
《KT》

関連ニュース

page top