要潤、『ストロベリーナイト・サーガ』で極悪非道な仮面の男"ブルーマーダー"に | RBB TODAY

要潤、『ストロベリーナイト・サーガ』で極悪非道な仮面の男"ブルーマーダー"に

現在放送中のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)が、6月13日放送からついに最終章へと突入する。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 現在放送中のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)が、6月13日放送からついに最終章へと突入する。

※ほかの最新エンタメ記事をチェックする

 最終章タイトルは、『ブルーマーダー』。6月13日・20日の二週にわたって放送される同タイトルだが、池袋の貸しビル内で一人の男が遺体となって発見されることから始まる猟奇的なサスペンスストーリーとなっている。殺されたのは暴力団組織、秋庭組組長の河村丈治。銃創、刺創ともに見当たらず致命傷になる出血もない一方で、内臓は破裂し27箇所もの骨折があった。聞き込み捜査を続けるうちに容疑者として浮上してきたのは、ブルーマーダーと呼ばれる謎の男。ブルーマーダーの名はすでに池袋界隈でとどろいており、行方不明になっている裏社会の人間は何十人もいるという。いったい、ブルーマーダーとは何者なのか?そして、反社会組織の人間ばかりを狙って殺害し続ける、その理由とは・・・?二階堂ふみ演じる姫川は、他の事件との関連性も含めて捜査を進めていく。

 そして、ブルーマーダーを演じるのは、要潤。最近では、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK、2018年)や放送中のドラマ『インハンド』(TBS)などに出演し、シリアスからコメディーまで多彩なジャンルを演じているが、今回は極悪非道な仮面の男を演じることになる。要は、「元々、仮面を付けた正義の味方をやっていましたのでそっちのアクションはできるんですが、今回は悪い人のアクションですからね(苦笑)」とコメント。「人を傷つけるアクションというのはとても心が痛む感覚でしたが、最後まで頑張りたいと思います」と、戸惑いの表情を浮かべながらも、意気込みを語っている。
《KT》

関連ニュース

page top