黒柳徹子、雑誌『anan』の命名秘話……ロシアのバンダの名前だった | RBB TODAY

黒柳徹子、雑誌『anan』の命名秘話……ロシアのバンダの名前だった

黒柳徹子が、26日放送の『A-Studio』(TBS系)に出演。雑誌『anan』(マガジンハウス)の命名秘話を語った。

エンタメ その他
黒柳徹子 (c)Getty Images
  • 黒柳徹子 (c)Getty Images
 黒柳徹子が、26日放送の『A-Studio』(TBS系)に出演。雑誌『anan』(マガジンハウス)の命名秘話を語った。


 子どもの頃からパンダが大好きで、すでに研究を始めていたという黒柳。のちにロシアのアンアンというパンダが、イギリス・ロンドンのチチというパンダのもとに子作りに来ていたそう。

 その時、ロンドンにいた黒柳は「初めて生きたバンダを見た」と回顧。「可愛いのでびっくりした」と心惹かれたそう。その後、帰国した彼女は「新しい雑誌を作るのにあたって何にしようかと話をしていた」現場にいたという。

 その時、黒柳がアンアンの話をすると、「アンアンがいいんじゃない?」「“あ”から始まって“ん”で終わる」など好評だったことから雑誌名に起用されたと告白。

 続けて黒柳が、「ですから『anan』という雑誌にパンダのマークがついてます」と、裏表紙にパンダが描かれていると語ると、笑福亭鶴瓶や上白石萌歌も驚き。

 ただテロップでは「徹子のエピソードのほか、一般からの公募案などをもとに、編集部が総合的に判断して決定した」と紹介されていたが、鶴瓶は黒柳を前に「歴史上の人物や……」と圧倒されている様子だった。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top