福田愛依、初の連ドラ出演でキャバ嬢役に挑戦 | RBB TODAY

福田愛依、初の連ドラ出演でキャバ嬢役に挑戦

「日本一かわいい女子高生グランプリ2017‐2018」でグランプリを獲得した福田愛依が、5月スタートのドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/TBS)に出演することが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
福田愛依、初の連ドラ出演でキャバ嬢役に挑戦
  • 福田愛依、初の連ドラ出演でキャバ嬢役に挑戦
  • 福田愛依、初の連ドラ出演でキャバ嬢役に挑戦
 「日本一かわいい女子高生グランプリ2017‐2018」でグランプリを獲得した福田愛依が、5月スタートのドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/TBS)に出演することが決まった。


 同ドラマの原作は、『都立水商!』(室積光著、小学館)。2001年に刊行された小説で、猪熊しのぶ作画で漫画家もされ、250万部を超えるベストセラーとなった。舞台は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ、都立高校「東京都立水商業高等学校」、略して「都立水商」。水商売を目指す生徒達のために、水商売のイロハを教える都立高校があったら・・・という架空の設定で描かれた作品だ。今回のドラマでは、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで描かれる。

 先日、主演・竜星涼が発表されたが、福田は竜星の生徒で、キャバクラ科のアイドル好きな元気っ子・下園蘭を演じる。福田は今回が初めての連ドラデビューとなるが、「同年代との皆さんから学ぶことがたくさんあり、すごく勉強になった」とコメント。「ドラマの影響でキャバクラの世界にあこがれを持っていたこともあったので、夢をかなえることができた」と同ドラマで演じるキャバ嬢があこがれだったことも伝えている。
《KT》

関連ニュース

page top