「ミスiD 2020」の本エントリーがスタート | RBB TODAY

「ミスiD 2020」の本エントリーがスタート

2012年の第一回開催以来、モデルの玉城ティナや稲村亜美などを生んでいる「ミスiD」。このほど、「ミスiD 2020」の本エントリーがスタートした。

エンタメ その他
川後陽菜
  • 川後陽菜
  • 「ミスiD 2020」の本エントリーがスタート
  • 「ミスiD 2020」の本エントリーがスタート
  • たなか
  • 夢月
 2012年の第一回開催以来、モデルの玉城ティナや稲村亜美などを生んでいる「ミスiD」。このほど、「ミスiD 2020」の本エントリーがスタートした。


 8年目を迎えるミスiDだが、今年のキャッチコピーは「世界はひとつじゃない ルールも常識も女の子も」。今年は、「さらに隅々まで届くように」と全4パターンのキャッチコピーが順次公開される予定となっている。ビジュアルのモデルは、2019グランプリの友望。選考委員は大森靖子、吉田豪、佐久間宣行らに加えて、「ぼくのりりっくぼうよみ」を引退して俳優に転身したたなか、昨年末乃木坂46を卒業した川後陽菜などが参加。今年から設立されたオブザーバーには、AAAのSKY-HI、家入一真などが名を連ねる。

 エントリーは4月9日から5月19日、プロアマ、国籍、未婚既婚、彼氏、彼女の有無も問わない。年齢も12歳から40歳くらいまでとアバウト。タトゥーがあっても金髪でも引きこもりでもなんでもOKだという。応募方法は、専用フォーム(https://miss-id.jp/2020)より。今後、いくつかの選考を経て、11月下旬から12月上旬にかけて、ファイナリスト出演のイベントが開催される予定。
《KT》

関連ニュース

page top