滝沢カレン、舞台の脚本・演出に初挑戦! | RBB TODAY

滝沢カレン、舞台の脚本・演出に初挑戦!

4月4日24時25分からは、『滝沢カレン一座』(フジテレビ系)が放送。タレントの滝沢カレンが「舞台」の脚本・演出に初挑戦する。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 4月4日24時25分からは、『滝沢カレン一座』(フジテレビ系)が放送。タレントの滝沢カレンが「舞台」の脚本・演出に初挑戦する。


 様々なメディアに登場する滝沢だが、2019年一番やりたいこと...それは“舞台”。しかも、彼女が挑戦したいのは、出演者として舞台に立つことではなく、“脚本&演出”。ゼロから舞台を作り上げることだという。通常であれば、原案づくりから脚本、キャスティング、稽古など1年以上かけて行われる舞台づくりだが、今回は準備期間がたったの2ヶ月。多忙なスケジュールの中、プライベートを犠牲にして、無事舞台を成功させることはできるのか!?

 滝沢は多忙なスケジュールの中、まず8つのプロットを作成。その中から選ばれたのは「ふんだりけったり」という作品。お互い惹かれ合いながらも、なかなか気持ちを伝えられない男女が、友人たちの画策によりめでたく結ばれ、しかも意外すぎる共通点があったというラブストーリー。“滝沢カレンワールド”全開の作品となっているということで、注目だ。

 さらに、滝沢は、『銀魂』や『今日から俺は!!』などの映像作品をはじめ、舞台演出家としても活躍する福田雄一に脚本を見てもらうことに。大物演出家にも物怖じせず、「ダメなところを教えてください」と福田に問いただす。すると福田から返って来た答えは...「ダメって言ったら全部ダメ。でも良いって言ったら全部良い」とのお墨付きが!?

 滝沢は、「今回、私が0からスタートの地点までもついてない場所から始まった、はじめての舞台『ふんだりけったり』を作りました!私の溢れ出る感情はとめどなくこの舞台に表しました。そして人は一人ではない、一人ではなんの気付きもできないという人間の優しさをまた知ってしまいました。皆様に、たくさんの皆様に見てもらいたい、いや見ていただくために私のいまの全力を使わせていただきました。私はまだまだ地球に魅力を感じてます。限界を今、無限に、、、、、。明日をありがとうで染められますように」とコメントを寄せた。

 『滝沢カレン一座』(フジテレビ系)は、4月4日24時25分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top