吉田明世アナ、フリーアナ戦国時代に「そこに入っていこうとは全く考えていない」 | RBB TODAY

吉田明世アナ、フリーアナ戦国時代に「そこに入っていこうとは全く考えていない」

元TBSの吉田明世アナが、17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。フリーアナウンサーとしての考え方を語る一幕があった。

エンタメ その他
吉田明世アナ【写真:竹内みちまろ】
  • 吉田明世アナ【写真:竹内みちまろ】
 元TBSの吉田明世アナが、17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。フリーアナウンサーとしての考え方を語る一幕があった。


 この日は同じく元TBSの枡田絵理奈アナ、2017年7月にフジテレビを退社した中村仁美アナも登場。ここで中村アナがフリーに転身したあとの自分について「何も武器を持たずに大海原出てきちゃった」と回顧し、「身一つで泳ぎ切れないかもしれない」と実感したという。

 すると吉田アナは「入社したときは『こんな番組やりたい』『こんなアナウンサーになりたい』という理想がたくさんあった」と振り返り、「ある瞬間から『あっ無理だな』って察した」と言及。

 「例えば高島彩さんとか加藤綾子さんとか、そういうアナウンサーにはなれないとわかる瞬間がある」とも述べ、さらには「『フリーアナウンサー戦国時代』とか『生き延びるのは誰か?』って書かれてますけど、自分がそこに入っていこうなんて考えていない」と冷静に客観視。フリーアナウンサーは「一つの生き方の選択肢」と論じ、「私たちは細く長く……」と笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top