高畑充希、古田新太との共演舞台を回顧…「賛否両論」で途中退席者続出 | RBB TODAY

高畑充希、古田新太との共演舞台を回顧…「賛否両論」で途中退席者続出

エンタメ その他
高畑充希【撮影:松本】
  • 高畑充希【撮影:松本】
  • 古田新太【撮影:錦怜那】
 高畑充希が、8日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に出演。古田新太との共演舞台を振り返る一幕があった。


 古田は高畑が舞台『ピーター・パン』を演じていた10代の頃からの知り合いだったという。最近はドラマや映画もこなす高畑だが、古田が「舞台上で歌っているのをもっといっぱい観たい」と求めると、彼女も「やる!頑張る。やるよ!」と意気込んだ。

 ここで古田が、「また下品なやつ(ミュージカル)振るから」とその場でオファーを予告すると、彼女も「やろなー!」と明るく応じた。この日いた藤井隆から「下品なやつ?」と聞かれると、高畑は「一緒にやった舞台が下品であったかい話だった」と説明。

 2人は2015年、ミュージカル『いやおうなしに』で親子役で共演。劇中で高畑は卑猥な歌詞を歌ったり、共演者と大胆な絡みを繰り広げるなど話題となった。これについて古田は「(地方公演先の)仙台で(客が)14人帰った」と明かし、理由として「気持ち悪くなったんでしょうね」と推察。

 高畑も、「まあ賛否両論だったんですよ。好きな人もいれば、『本当にイヤだ』ってなる人もいるんだけど、でも誰にとっても『まぁまぁ良かったな』よりは全然そっちのほうが良いな」と述べた。

 安住紳一郎アナが「先輩の教えがきっちり入ってますね」と指摘すると、彼女は「私、大尊敬してますから古田さんのこと」と笑顔で答えていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top