スパっと起きてよく眠る……深すぎる目覚まし時計の世界にマツコが遭遇 | RBB TODAY

スパっと起きてよく眠る……深すぎる目覚まし時計の世界にマツコが遭遇

2月26日よる8時57分からは、『マツコの知らない世界』(TBS系)が放送される。

エンタメ その他
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 2月26日よる8時57分からは、『マツコの知らない世界』(TBS系)が放送される。


 まず、「快適に目覚めることが、快眠につながる!」と「目覚まし時計の世界」を語る竹田浩一さんは、小学生の頃から慢性的な不眠症に悩んでいた人物。今回は、竹田さんから目覚ましの歴史、昭和初期に発売された貴重な目覚まし時計を紹介もらいながら、スパっと起きてよく眠る最新の目覚まし時計を音系、振動系、光系、アクション系の各タイプ別に教えてもらう。ガード下レベルの爆音を発するものや、子供の早起きを習慣づけるのに適したもの、電気ショックで目覚めさせるもの、朝日の自然光で起こすもの、両足で5秒間踏み続けないと止まらないものまで、様々な最新機種をスタジオで紹介&検証。なかなか眠れないと悩むマツコが気に入る目覚まし時計とは?

 じっと眺めているだけで癒し効果があると言われたり、ひたすら焚き火の映像を流す動画が1000万回再生されたりと、今、日本でブームがきている焚き火。今回はそんな焚き火の魅力を、焚き火マイスター&ライターとして活動している猪野正哉さんから紹介してもらう。猪野さんは18歳の頃、ファッション雑誌の専属モデルに3000人の中から選ばれたイケメン。27歳で知人と服のブランドを立ち上げたが大コケし、知人に逃げられ借金を抱えることになっただけでなく、当時の彼女にもフラれ、人生のどん底に落ちたという。そんな中、偶然、家族と囲んだ焚き火で、今まで隠してきた悩みを全てさらけ出せたことから、その魅力に気づき、現在に至った人物。 実際火を見ることでマツコはどんどん焚き火の虜に…淡々と薪をくべる猪野さんが、ふいにマツコに投げかける相談事とは?
《KT》

関連ニュース

page top