吉高由里子、4月スタートの新ドラマ『わたし、定時で帰ります。』で主演 | RBB TODAY

吉高由里子、4月スタートの新ドラマ『わたし、定時で帰ります。』で主演

TBSは、4月スタートの火曜ドラマとして、『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜よる10時)を放送すると発表した。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 TBSは、4月スタートの火曜ドラマとして、『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜よる10時)を放送すると発表した。


 「長時間労働」「サービス残業」、そして「過労死」。長時間労働の是正や雇用形態にかかわらない公平な待遇を目指す「働き方改革」が近年、多くの関心を集めている。同ドラマは、同名小説を原作に、特に注目を集めている「残業問題」を切り口として、単なる制度改革ではなく働く人々の意識改革=社会人の持つべき“ライフワーク・バランス”について描いている。

 主演を務めるのは吉高由里子。TBSの連続ドラマへの出演は『ラブシャッフル』(2009年)以来、実に10年ぶりで、主演は初となる。吉高が今作で演じるのは、主人公・東山結衣。過去にあるトラウマを抱え、以来「必ず定時で帰る」というモットーを貫くワーキングガールだ。「仕事は命を懸けるものではない」という思いを持ち、誰よりも集中して仕事を終わらせ、プライベートも大切にする。美味しいものを食べて美味しいと感じるといった“普通の感覚”をきちんと大事にする32歳の独身OLだ。結衣は、同僚たちの様々な悩みに寄り添い、時に振り回され、そして解決していく。そんな彼女の背景には、新人時代のトラウマや、ワーカホリックだった元婚約者の存在があった。

 そして、結衣の元婚約者・種田晃太郎役には向井理。仕事が出来て部下からの信頼も厚いが、一度、仕事にのめり込むと周りが見えなくなるワーカホリックな男を演じる。また、結衣の職場の先輩で産休を取り双子を出産するが、早々に職場復帰する、仕事に生きるスーパーワーキングマザーの賤ヶ岳八重役を内田有紀が演じるなど、脇を固める女優陣にも注目だ。さらに、転職してきて結衣の新しいチームの部長となり、ブラック上司として結衣をはじめ職場の面々を振り回す福永清次役は、ユースケ・サンタマリアが演じる。

 さらに、結衣の同僚で仕事の要領が悪くトラブルメーカーとして目をつけられている吾妻徹役は柄本時生、結衣が教育係として面倒をみるが、二言目には「辞めたい」と言うやる気ゼロの新人・来栖泰斗役は泉澤祐希が担当。皆勤賞であることを誇りにしており、真面目過ぎる努力家だが融通が利かない同僚・三谷佳菜子役には、シシド・カフカが決定している。

 主演が決まった吉高は、自身の演じる役どころについて「演じさせていただく東山結衣は、ドラマに出てくる役柄の中で一番偏っていないキャラクターなんじゃないかなと感じています。過去のある出来事から、定時で帰るというのがモットーですが、いい意味で “普通”の女性。一般的な会社に勤めているという、共感しやすいキャラクターを頑張って演じられたらなと思っています」と説明。

 そんな役柄を演じることについては、「会社員の経験が一度もなく、不安もありますが、一般の企業に勤めている会社員の友人に話を聞いたりしながら役のイメージを膨らませています」とコメント。視聴者に対しては、「このドラマには思わず感情移入してしまう、人間味溢れる個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。お仕事されている方もそうでない方も、見終わった後には心が少し軽くなって明日が前向きになれるような作品になっていくと思います。ぜひ楽しみに待っていてください」と呼び掛けた。

 『わたし、定時で帰ります。』は、TBS系で4月スタート。毎週火曜よる10時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top