滝沢秀明、『キンスマ』で引退の真相を明らかに | RBB TODAY

滝沢秀明、『キンスマ』で引退の真相を明らかに

12月28日よる9時からは、『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系列)が放送。ゲストに、今秋、年内引退を発表し世間を驚かせた滝沢秀明が出演する。

エンタメ その他
(C)TBS
  • (C)TBS
 12月28日よる9時からは、『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系列)が放送。ゲストに、今秋、年内引退を発表し世間を驚かせた滝沢秀明が出演する。


 1982年、東京・八王子で3人兄弟の末っ子として生まれた滝沢。幼少の頃から「父親からは子どもながらにわかりやすい愛情を受けた記憶はない」と話す。そして幼稚園の時、両親が離婚し父が家を出て行ってからは、生活が一変、極貧生活になったという。中学生になると「どうやったら子どもも働けるんだろう」とばかり考えていた。「どこでもよかったんです」と話す滝沢。この生活から抜け出すためには自ら応募するしかなかった。その結果、書類選考を通過、オーディションに呼ばれた。そこで彼の人生を大きく変える出会いがあったのだ。

 ついに、ジャニー氏との出会いを果たした滝沢。そしてもう1つ大きな出会いが。後にユニットを組む今井翼だった。「隣に翼もいたんですけど、翼はジャニーさんが名前を聞いていて、この子受かったんだろうなって」と、長年の相棒である今井翼への思いも語る。その後、13歳でジャニーズJr.として活動を開始。以来、滝沢はジャニー氏から演出のことから生活の規律のことまで様々なことを学んだ。思春期になると、時には自らの怒りの矛先をジャニー氏に向けることもあったが、いつも優しく受け止めてくれたという。

 滝沢と同じ時期にジュニアだった山下智久が「(ジュニアの中で)タッキーは特別なことが普通だった」と証言するとおり、ジュニアの中でも特別な存在となっていった滝沢。「嵐を結成する時に、(5人がジュニアから)出たことで今後のジュニアをどうするか。ジャニーさんと相談しながらやっていた」というほど、ジャニー氏との関係は深かったという。

 そして、今回の引退発表。発表後、一番最初に連絡をしてくれたのが中居だったという。「(中居くんの)言葉が重くて、重いけどやらなければいけないとハッとなった。だから僕のこの出演は、中居くんがくれた花道だと思っています」と語る滝沢だが、果たして中居はその時滝沢に何を伝えたのか?

 『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系列)は、12月28日よる9時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top