映画『十二人の死にたい子どもたち』、「4番」は橋本環奈であることが明らかに | RBB TODAY

映画『十二人の死にたい子どもたち』、「4番」は橋本環奈であることが明らかに

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
  • (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
 ベストセラー作家・冲方丁の現代サスペンス作品『十二人の死にたい子どもたち』の実写化作品は、2019年1月25日。このほど、作中に登場する「4番」の正体が明らかとなった。


 ある日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」 ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が?!死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中、ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられいく。いつ誰が殺人鬼と化すかもわからず、パニックは最高潮に。彼らは、安心して死ねるのか、怯えながら殺されるのか?

 出演するのは杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜らと、堤幸彦監督にオーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら将来の活躍が期待される俳優6人。全員平成生まれ、今注目の気鋭の俳優12人が凄まじい演技バトルの真骨頂に挑む。

 こうしたキャスト陣発表時に注目を集めたのが、モザイクを外しても尚、マスクとニット帽で顔を隠し、ひときわ異様な雰囲気を醸し出していた4番の存在。この4番の正体は、橋本環奈。橋本が今回演じる「4番 リョウコ(秋川莉胡)」は、自らを“大人たちに作られた虚像”であると信じ、葛藤を抱える人気女優という役柄。劇中では自らを「作られた人間よ!大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!」という衝撃的な台詞も見せる。

 橋本は、自身のみ発表がこのタイミングまで持ち越しとなっていたことについて「緊張しました。逆にここで私だって発表されてがっかりされたら辛いし、いろいろ考えました。こういう出し方をしたことによって、『4番誰??』っていうことで、SNSでも盛り上がっていただいたみたいで、それがすごくうれしくて」とコメント。

 さらに、共演者から刺激をうけらことはあるかと問われると、「めちゃめちゃ刺激受けました。ひとりが成長すると、相乗効果がすごくて、それこそ、同世代で集まることによって、そういった化学反応みたいなものが生まれてくるのを、堤さんが予想していたとするならば、怖いです(笑)たとえばシンジロウ(新田真剣佑)が泣くシーンで、台本には泣くって書いてないのに、全員が泣いちゃったりとか、感情も感染していきました」と語った。

 映画『十二人の死にたい子どもたち』は、2019年1月25日公開。

《KT》

関連ニュース

page top