元乃木坂46・深川麻衣が地上波連ドラ初主演!高橋和也とボロ宿巡りへ | RBB TODAY

元乃木坂46・深川麻衣が地上波連ドラ初主演!高橋和也とボロ宿巡りへ

テレビ東京は12月17日、2019年1月クールのドラマとして『日本ボロ宿紀行』(毎週深夜0時52分~1時23分)を放送すると発表した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)「日本ボロ宿紀行」製作委員会
  • (C)「日本ボロ宿紀行」製作委員会
  • (C)「日本ボロ宿紀行」製作委員会
  • (C)上明戸聡/鉄人社
 テレビ東京は12月17日、2019年1月クールのドラマとして『日本ボロ宿紀行』(毎週深夜0時52分~1時23分)を放送すると発表した。


 同ドラマの主人公は、篠宮春子、27歳。春子は、父・一平が急死したことにより芸能事務所スプリングロールを引き継ぐことになる。しかし、所属していたタレントはほとんど辞めてしまい、残ったのは 48歳の一発屋ポップス歌手・桜庭龍二だけだった。かつて大ヒットしたものの大量に売れ残ったCDを売り切るため、二人はスーツケース一つで地方営業の旅に出る事に。地方で出会う各地の“ボロ宿”を巡りながら、春子はやる気はないがプライドだけは高い龍二を、もう一度人気歌手にすることができるのか?!凸凹コンビの一発逆転成り上がりストーリーが今始まる。

 主人公・篠宮春子を演じるのは、アイドルグループ乃木坂46を卒業後女優として活躍する深川麻衣。同作が地上波連続ドラマ初主演となる。そして、春子と一緒に一発逆転を狙う、忘れ去られた一発屋のポップス歌手・桜庭龍二を高橋和也が演じる。高橋は、1994年に俳優活動を本格的に開始し、数多くの映画やドラマ、舞台に出演する傍らナレーションや吹替など幅広く活躍している実力派俳優である。

 主演が決まった深川は、「私が演じさせていただくマネージャーの春子と、高橋和也さん演じる売れない歌手の桜庭龍二が二人で実在するいろいろな宿を回って旅をするというロードムービーのようなドラマになっています。とてもジーンと来るような場面やほっこりする場面もありますので、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです」と呼びかけ。高橋は、「このドラマの見どころは何といっても、日本全国に実在する“ボロ宿”と言っては失礼なんですが、非常に年季の入った古い宿を訪ねて歩いていくその旅の中にあると思います。宿の味わい深さだったり、深川さん演じる春子との心の交流みたいなものを楽しんでいただけたらと思っています」とドラマの見どころについて語っている。

 『日本ボロ宿紀行』は、テレビ東京系で2019年1月25日スタート。
《KT》

関連ニュース

page top