羽生ゆずれない、小坂なおみ、ほいけんたの歌唱曲が決定...『ものまね王座決定戦』 | RBB TODAY

羽生ゆずれない、小坂なおみ、ほいけんたの歌唱曲が決定...『ものまね王座決定戦』

11月30日よる7時からは、『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』がフジテレビ系で放送される。

エンタメ 音楽
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 11月30日よる7時からは、『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』がフジテレビ系で放送される。


 ものまね芸人たちが鉄板ネタの歌ものまねを披露し、日本一の王者を決定する『ものまね王座決定戦』。ものまねのプロ・アマが集結し、白熱のトーナメントバトル形式で2018年度の王座を争う。

 番組では、ものまね芸人たちによる極上ものまねに加えて、今回も裏側密着カメラが出場者の本音を引き出し、“本気度”と“緊張感”を撮影。また、1973年からはじまった『ものまね王座決定戦』の名シーンをプレーバックする企画も連動。西城秀樹さん「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」(1975年10月14日放送)や研ナオコ「どうにもとまらない/山本リンダ」(1982年10月19日放送)など、あのスターがこんなものまねをやっていた、という貴重映像が届けられる。また、今回は、羽生結弦選手のものまねで人気上昇中の羽生ゆずれないや、大坂なおみ選手のものまねで突如現れたものまね界のダークホース・小坂なおみ、明石家さんま“本人公認”のものまね芸人、ほいけんたらが初登場。本人そっくりのルックスで名曲を歌う。

 栗田貫一に憧れてものまねの世界に入ったという羽生ゆずれないは、栗田貫一のレパートリーでもある「雨の慕情/八代亜紀」に挑戦。羽生ゆずれないは、「大学で部活もやっていた時期に、一般人としてオーディションに参加して、栗田貫一さんのものまねで『ものまね紅白歌合戦』に出場させていただいてから、本格的にものまねの道に入ったので。栗田貫一さんは憧れの人なので同じステージに立てて光栄です」とコメントを残した。また、「(私は)昔から恥ずかしがり屋の出たがり」と自分を表現するのは、小坂なおみ。テレビ初披露の歌まねを前に緊張した様子を見せる。本番前のインタビューでも「ラケットを持っていると(気持ちが)落ち着く」と話し、テニスラケットを握りしめていた小坂は、「fragile/Every Little Thing」でトーナメント1回戦に挑む。

 さらに、“再現VTRでの明石家さんま”でおなじみ・芸歴35年のほいけんたは「東京VICTORY/サザンオールスターズ」を披露。カラオケの練習ではよく100点を取るという圧巻の歌唱力を武器に、深みのあるダンディーな声で王座を目指す。ほいけんたは番組出演にあたり、「さんまさん以外のネタがみれる貴重な機会なのでお見逃しなく、ということで宜しくお願いします!」と呼びかけた。

 『日本一のものまね王者が今夜決定! ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル』(フジテレビ系)は、11月30日よる7時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top