7人のオジサン南極観測隊がおいしい料理で1つに......新ドラマ『面白南極料理人』が2019年1月スタート | RBB TODAY

7人のオジサン南極観測隊がおいしい料理で1つに......新ドラマ『面白南極料理人』が2019年1月スタート

テレビ大阪は、新ドラマ『面白南極料理人』を、2019年1月12日より放送すると発表した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)ドラマ「面白南極料理人」製作委員会
  • (C)ドラマ「面白南極料理人」製作委員会
  • (C)ドラマ「面白南極料理人」製作委員会
  • 原作:新潮文庫刊 『面白南極料理人』 著者・西村 淳
 テレビ大阪は、新ドラマ『面白南極料理人』を、2019年1月12日より放送すると発表した。


 同ドラマの舞台は、南極の昭和基地から離れる事1000キロ、標高3800m、平均気温マイナス54度、世界で最も過酷な観測地帯と言われる「ドーム基地」。生物はおろかウイルスさえも生存する事が許されない、地の果てだ。この物語は、第38次隊の7人の「南極観測隊」の話。7人のうち3人が研究者。あとの4人は設営隊員(サポート要員)。しかし、結局は、ただの7人のオジサン......そんな、ただの7人のオジサンが、狭いドーム基地で1年間を一緒に暮らす。

 このドーム基地での楽しみといえば、みんなで美味しい料理を食べる時のみ。それ以外の、楽しみはほとんどない。あるのは、厳しさ・過酷さ・息苦しさ・ストレス・不安・心細さ。極限状況であるが、逃げる場所もなければ、頼る人も隊員以外にいない。そんなシチュエーション、蚊帳の外から見れば滑稽でしかないのだ。日本では考えられない事件が起こるが、最後は、主人公の西村隊員の美味しい料理を食する事で、7人が再び1つになっていく。実にダサくて、カッコよくて、でもバカバカしい、7人のオジサンの予測不可能なコメディドラマが展開される。

 主演をつとめるのは、「ハマケン」の愛称で知られ、ファンクバンド「在日ファンク」でリーダー兼ボーカルを担当する浜野謙太。通称「大将」・料理人(設備)、北海道出身で海上保安庁より派遣されている、西村隊員役を演じる。ほか、オジサンキャストとして、マキタスポーツ、田中要次、緋田康人、山中崇、福山翔大、岩崎う大(かもめんたる)の出演も発表された。

 浜野は同ドラマ出演について、「敬愛する共演の偉大なおじさんたちと、歩くセンスとの異名を持つ有働監督(本人談)、そしてそこに集まった物分かりのいいスタッフたち。閉鎖された南極の基地で、チリのようなホコリのような面白を産み出し汲み取る作業。そしてその無謀なコストパフォーマンスをなんとかするべく奔走するプロデューサーたち。極めて閉塞的でありながら、極めて幸せ、極めてアツい撮影の日々です」と撮影状況を報告。「あなたに伝えたい。極寒の南極からこの温かさ伝えたい...7 人のおじさんたちの良い感じ。キてるの!グルーヴ感。南極越冬隊 LINE グループ作ったしね!でも、まだ緋田さんガラケーなんだよな...どうすればいいのかな...?」などとコメントを残している。

 新ドラマ『面白南極料理人』は、テレビ大阪で1月12日スタート。毎週土曜24時56分から放送される。ほか、BSテレ東、BSテレ東4Kでは、毎週土曜24時から放送される。
《KT》

関連ニュース

page top