福島第一原発事故を主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙で映画化! | RBB TODAY

福島第一原発事故を主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙で映画化!

2011年に起きた東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』が、主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙、監督・若松節朗で製作されることが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
福島第一原発事故を主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙で映画化!
  • 福島第一原発事故を主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙で映画化!
  • 門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)840円(税別)
 2011年に起きた東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』が、主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙、監督・若松節朗で製作されることが決まった。


 原作は、90人以上の関係者の取材をもとに綴られた門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震が発生。全てが想定外の大地震が引き起こした太平洋からの巨大津波は福島第一原子力発電所を襲う。1・2号機当直長の伊崎は次々に起こる不測の事態に対して第一線で厳しい決断を迫られる。所長の吉田は現場の指揮を執りつつ、状況を把握していない本社とのやり取りに奔走。緊急出動する自衛隊、そして“トモダチ作戦”の発動とともに米軍もついに動く。そんな中、現場に残り続けた約50人の作業員を、海外メディアは“Fukushima 50”と呼んだ。

 想像を超える被害をもたらした原発事故。現場では何が起きていたのか?何が真実なのか?浮き彫りになる人間の強さと弱さ。現場と本社、そして官邸との軋轢。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った職員たちは、家族を、そして故郷を守るため、いかにしてこの未曾有の大事故と戦い続けたのか?主演の福島第一原発1・2号機当直長伊崎利夫役は佐藤浩市。そして、共演の福島第一原発所長の吉田昌郎役を渡辺謙。監督は、『沈まぬ太陽』で第33回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞し、社会派・骨太な作風に定評のある若松節朗が決定している。

 主演の佐藤は同作について、「忘れる事で前に進む、失敗をしても何度もトライをする、それは生き物の中で人間だけが出来ることです。しかし絶対に忘れてはいけない、繰り返してはいけない事があります。あの日あの時どういう状況に我々が、日本があったのか?その事を思い出し、明日のそして後世の為の映画を若松監督、渡辺謙さん達と一緒に確認をしながら作りたいと思います」と意気込み。渡辺は、「『許されざる者』の撮影中、浩市くんに映画100本目の時はどんな役でも参加するよと、約束してました。でも、気軽に参加する作品ではありませんでした。今もなお苦しみの続く福島の方々の思いを受け止めながら『沈まぬ太陽』以来の若松監督、そして浩市くん、素晴らしいキャストと共に緊迫感溢れる画を積み重ねていきたいと思っています。ご期待下さい」と呼びかけた。

 映画『Fukushima 50』は、2020年全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top