名作『大誘拐』、舞台を東海地方に移してドラマ化!主演は岡田将生 | RBB TODAY

名作『大誘拐』、舞台を東海地方に移してドラマ化!主演は岡田将生

東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『大誘拐2018』が、12月14日よる7時57分からフジテレビ系で放送される。

エンタメ 映画・ドラマ
名作『大誘拐』、舞台を東海地方に移してドラマ化!主演は岡田将生
  • 名作『大誘拐』、舞台を東海地方に移してドラマ化!主演は岡田将生
 東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『大誘拐2018』が、12月14日よる7時57分からフジテレビ系で放送される。

 同ドラマは、100億円の身代金をめぐるエンタテインメント作品で、週刊文春『20世紀傑作ミステリーベスト10』の第1位を受賞しているほか、1991年には映画化もされた昭和の名作だ。今回は舞台を新たに東海地方に移し、スペシャルドラマ版として届けられる。主演は岡田将生。刑務所から出所したばかりの元ヤクザ主人公・戸並健一を演じる。健一は、人生の一発逆転を目論み、誘拐を企てる3人組のリーダー的存在。そして健一たちが誘拐した愛知県に住む、日本有数の大富豪で人望の厚き老婦人・柳川とし子(マザー)を演じるのは、富司純子。さらに、数々の難事件を解決し、誘拐事件の陣頭指揮を執る愛知県警のベテラン名刑事、井狩大五郎を渡部篤郎が演じる。

 主演の岡田は同作について、「誘拐というタブーな題材を、ハートフルコメディに小気味良いテンポと早い展開で飽きさせず、気持ち良く観てもらえる作品にしたいと思っています」とコメント。さらに、「マザーという絶対的存在と僕演じる健一を含むクスッと笑えるバカな3人、それぞれ特徴あるキャラクターのどちらが、誰が誘拐しているか分からなくなるような読めない展開、明かされる真実。そして最後には誘拐というタイトル自体何なのか、少し考えさせられる、家族で楽しく観られるドラマになる様に頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

 また、冨司は自身の演じる柳川という役どころについて「聡明で気前が良くて、社会に見落とされている弱い人達に優しく、慈善家でお金を惜しまず使う、男前なおばあちゃんという印象。背筋がピンと伸びた、明るくて人の痛みが良く解る、快活で可愛いおばあちゃんになればいいですね」とコメント。主演をつとめる岡田は、「ドラマを拝見して堅実な役作りをなさる方と思い、どんな戸並健一を演じて下さるのか楽しみにしております。山林王のおばあちゃんと犯人3人との掛け合いで、どのような芝居を仕掛けてくるのか、刺激を受けながら楽しみしたいと思います。可笑しくて笑えるドラマをご家族でお楽しみいただければ幸いです。80歳おばあちゃん万歳!! です」とコメントを残した。

 最後に渡部は、主演の岡田について、「岡田将生は私の大好きな俳優です。彼の作品は毎回楽しみに見ています。年齢は随分離れていますが、彼から学べる事もあり、俳優として尊敬しています。共演を心待ちにしていました」とコメント。ドラマについては、「最高のエンターテイメントを作りたいと思います」と意気込んだ。

 東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『大誘拐2018』は、東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて、12月14日よる7時57分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top