香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子 | RBB TODAY

香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子

先日、香港に行く機会があった。

IT・デジタル ガジェット・ツール
香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
  • 香港旅行で現地SIMカードを「KKDAY」で購入!格安、簡単受け取り、高速通信の三拍子
 先日、香港に行く機会があった。

 海外に旅行に行く際、現地でもスマートフォンをいつもどおり使いたいというニーズは多い。それに伴い、日本国内の空港でWi-Fiルーターを受け取ったり、国内通販でSIMカードを購入したり、現地で短期滞在者用のSIMを契約したりと、様々な選択肢が増えてきた。

 今回は香港滞在時におすすめな、「KKDAY」という旅行会社が販売するSIMカードを紹介する。

 香港に行く際、何年か前から同商品を使用しているが、この商品は本当におすすめだ。ポイントは、安い、速い、受け取りが簡単といったところ。さらには、電話番号、無料通話までついてくる。



 まず、購入方法だが、「KKDAY」が提供するアプリをダウンロード。または、ウェブサイトも存在する(https://www.kkday.com/ja)。そこで、「香港 SIM」と検索すれば、香港空港内で受け取りができる、「香港4GプリペイドSIMカード8日間(通話機能付き)」という商品がヒットするはずだ。



 お値段なんと、552円(※同日レート)。国内通販で現地SIMを購入すれば2000円ほどはするし、Wi-Fiを借りれば5日間で3000円以上する点を考慮すれば、この価格がいかに安いかが分かるだろう。iPhone利用者であれば、購入はクレジットカードに加えてApple Payにも対応しているので、面倒なクレジットカードの登録作業等なしですぐに購入可能だ。



 購入が完了すれば、香港空港内で商品の受け取りだ。これはアプリ内で提供されている受け取り場所の地図。



 場所の写真を撮り忘れてしまったが、香港空港のターミナル1で到着ゲートを出れば、すぐのところに「ハナツアー(HANATOUR)」のデスクがあるので、そこでバウチャーを提示すれば完了である。非常に簡単(※KKDAYで購入したが、なぜか受け取りはハナツアー。提携関係にあるのだろうか)。



 さて、受け取った商品はこれ。商品名は「WeChat GO」。



 WeChatといえば中国のメッセージングアプリだが、最近では香港での存在感もすごい。香港でも現地アプリをリリースし、決済分野にも入り込んでいる。そんなWeChatが現地通信会社Clubの回線を借りて、旅行者向けに販売しているようだ。



 SIMのサイズはすべてのサイズに対応しているので、自身のSIMフリースマートフォンのSIMサイズにあわせて切り取る。あとはSIMカードのスロットに入れるのみだ。APNの設定などは特に不要で、挿すだけで利用が可能となる。ちなみに、よく聞かれるのだが、自身の電話番号を確認するには、「設定」アプリの「電話」から「自分の番号」をチェックしよう。





 さて、今回のSIMカードだが、速度を早速測ってみた。香港空港内、かなりの混雑がある場所だが、どのくらいの速度が出るのか。測定に使用した速度計測アプリは「RBB SPEEDTEST」。結果は、下りが40Mbps~70Mbpsといったところ。正直、かなり速い。その反面、上りは約1Mbps~約3Mbpsといったところで、そこまで速くない。まあ、必要十分といったところか。



 香港空港から市内移動に利用する空港鉄道内はどうか。スピードのある乗り物だけに、もしかすると.....と思ったが、杞憂だった。結果は下り20Mbpsほど、上り5Mbpsほどが安定して出る。高速鉄道乗車中でも、全く問題ない。チェックイン先のホテル確認や、市内観光のプランをここで練るという方は多いだろうから、心強いだろう。



 その後、市内に移動して、香港の中心地とも言える尖沙咀(Tsim Sha Tsui )でも計測。歩くのもままならないエリア、果たして通信はできるのか。結果は、下りが5Mbps~30Mbpsといったところ。悪くない。上りはまさかの10Mbps~30Mbps付近出る。正直、通信していて全くストレスは感じられなかった。



 この調子で、中環エリアなどでも計測したが、結果は同様。いずれのポイントでも4Gでの高速通信が楽しめた。500円ちょっとの価格に良い意味で見合わない、素晴らしい結果だ。ちなみに、このSIMカードは8GBの利用制限があるが、500MB使用ごとにメッセージが送られてくる。目安としてありがたいサービスである。

 また、電話番号が付帯しているので、現地でUBERを呼ぶことだってできる。香港ではUBERがかなりの台数運行しているので、これもかなり魅力的である。



 今回、SIMカードを購入したKKDAYアプリだが、紹介したSIMカードの他にも、現地の交通などで利用できる「オクトパスカード」や、空港から市内へ移動する際に使う高速鉄道のチケットが、旅行者向けに割安で販売されているのでおすすめだ。

 日々、レートが変わるので一概には言えないが、現地で購入するのと比較すれば30%ほど割引があるので、買わない手はない。特に、高速鉄道はバウチャーの引き換えなしで、そのままQRコードを専用改札にタッチするのみで利用可能。さすが、観光大国・香港だ。
《KT》

関連ニュース

特集

page top