美人すぎるタクシー運転手・生田佳那、「客がいない1人のドライブが至福」 | RBB TODAY

美人すぎるタクシー運転手・生田佳那、「客がいない1人のドライブが至福」

“美人すぎるタクシー運転手”として話題の生田佳那が、23日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。運転中の本音を明かした。

エンタメ その他
 “美人すぎるタクシー運転手”として話題の生田佳那が、23日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。運転中の本音を明かした。


 2014年、まだ研修中だった生田を雑誌が特集するとたちまち人気沸騰。CMやドラマ、さらにはグラビアにも進出した生田。

 そもそもどうしてタクシー運転手になったのか番組が取材すると、彼女は「車だと1人じゃないですか」「人と関わらなくていい」と返答。さらにナレーションでは、「お客がいない1人のドライブ中が至福の時だという」と紹介されていた。

 この一文に反応したのが、くりぃむしちゅー有田哲平。「お客さんと会話するのが楽しいんだよね? お客さんが乗ってない時のタクシーが一番楽しいみたいなことさっき言ってたけど、違うよね?」と追及するも、生田は悪びれず、「1人のほうが……」と答えるのみ。

 有田が慌てて「いやいや、違う違う。お客さんが乗ってくれてタクシーなわけだから。お客さんがいない時のほうが一番幸せは絶対おかしいですよ」と求めると、彼女も「そうですよね。メーター上がんないですもんね」。

 そこで有田が改めて、「だから、お客さんが乗ってきた時が一番幸せ……?」と聞くと、彼女は笑いながら「はずです」と答えていた。

 また、「変な乗客に絡まれたことはない?」と聞かれると、彼女は「1日3回名刺をいただく」としながらも、「個人情報なのでシュレッダーかけて……」とキッパリ。この潔い行動には有田も「名刺渡した人は(これを聞いたら)『シュレッダー』?(と驚くだろう)」と苦笑いしていた。


《杉山実》

関連ニュース

特集

page top