山里亮太、オードリー若林の“真意”を知りショック「お前、バカにしてんだろ」 | RBB TODAY

山里亮太、オードリー若林の“真意”を知りショック「お前、バカにしてんだろ」

南海キャンディーズ山里亮太が、7日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。同じくゲストだったオードリー若林正恭のある真意を知り、ショックを受ける一幕があった。

エンタメ その他
南海キャンディーズ・山里亮太【写真:竹内みちまろ】
  • 南海キャンディーズ・山里亮太【写真:竹内みちまろ】
 南海キャンディーズ山里亮太が、7日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。同じくゲストだったオードリー若林正恭のある真意を知り、ショックを受ける一幕があった。


 さる7月、自伝的エッセイ『天才はあきらめた』(朝日新聞出版)を刊行した山里。芸人を志してから、様々な劣等感を抱えながら悪戦苦闘する日々が描かれている。

 この本の「解説」を書いたのが若林。出だしは「逆に、山里亮太を天才だと思わない人ってこの世にいるのだろうか」というものだった。編集者から「若林さんは(文章を)いくらでも削ってくださいと言っていました」と告げられると、山里は「削れません。理由は(若林が自分に宛てた)ラブレターだからです」と言って断ったのだとか。

 だが若林は「いつか言おうと思ってたんだけど」と切り出し、「『天才はあきらめた』っていうタイトルはちょっとズルくない?」と山里に質問。「だって、『天才はあきらめた』って言われたら、言いたくなるじゃない。『いや、天才だよ』って……」とニヤニヤ。

 つまり、若林は山里に対して本当は天才ではないと思っているのに、本人から「天才はあきらめた」と言われたら、そう返したほうが面白くなるのだろうという意図から、あの出だしを書いたのだと本音を明かしたのだ。

 これを聞いた山里は、「文字で見たときで感動ですごい覚えてたんだけど、今同じ内容喋ってるときの顔見たら、『お前、バカにしてんだろ!』」と一喝。笑いを誘っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top