ザギトワ選手、平昌五輪から身長7センチアップ!愛犬マサルの成長ぶりも報告 | RBB TODAY

ザギトワ選手、平昌五輪から身長7センチアップ!愛犬マサルの成長ぶりも報告

エンタメ その他
アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
  • アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】
 女子フィギュアスケート世界女王のアリアナ・ザギトワ選手の愛犬「マサル」へのオリジナルマットレス贈呈式が4日に埼玉県内で行われ、ザギトワ選手が出席した。

 5月に秋田犬保存会から贈られたメスの秋田犬に、勝利を意味する「マサル 」という名を付けて可愛がっているザギトワ選手。この日、多くのアスリートが愛用しているマットレスで有名なエアウィーヴの高岡本州代表取締役会長兼社長より、マサルが快適に眠れるための特別仕様のマットレスが贈呈された。

 以前にもマサル用のマットレスを贈られたザギトワ選手だが、「実は、マットレスに最初に寝たのは猫のイリースカでした」と苦笑い。「その後、マサルが帰って来た時に多少の縄張り争いがありましたが、マサルが自分の領土をわかってもらうためにマーキングをしたんです」と明かすと、「でもマットレスは洗濯ができたので、とても便利だと思いました」と機能性も紹介してニッコリ。現在は二匹とも仲が良く、マサルについては、「最後に測った時は体重が22kgでした。今はもっと大きくなっていると思う」と成長ぶりも報告した。

 また、マサルには「1日の出来事を話している」そうで、「フィギュアスケートは狭い世界であまり友達がいない私にとっては、気持ちを理解して、愛してくれる友達です」としみじみと語っていた。

 自身に関しては、平昌オリンピック時から身長が7センチも伸びたそうで、「最初は変な感覚があったけど、今は競技には問題はないです」とコメント。今シーズン初戦のネーベルホルン杯で、今季世界最高となる238,48点で圧勝したザギトワは、「これからも愛しながらスケートをしたい」と目を輝かせていた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top