本仮屋ユイカ、ドラマ『黄昏流星群』への出演が決定!佐々木蔵之介をめぐって中山美穂と対峙 | RBB TODAY

本仮屋ユイカ、ドラマ『黄昏流星群』への出演が決定!佐々木蔵之介をめぐって中山美穂と対峙

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 10月11日スタートのフジテレビ系ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』に、本仮屋ユイカが出演することが決まった。


 同ドラマは、人生の折り返し点が近づき、これからの人生を考え始めた大人たちが、黄昏の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する大人の物語。佐々木蔵之介が初めて王道ラブストーリーで主演することでも注目の作品だ。

 このほど出演が決まった本仮屋は、フジテレビ木曜劇場への出演は今回が初めてのこと。そんな本仮屋が同作で演じるのは、若葉銀行新宿支店支店長・瀧沢完治の秘書、篠田薫(しのだ・かおる)。脇目も振らず、仕事一筋の完治を近くで見てきた、完治の仕事ぶりを最も理解する女性だ。完治に淡い恋心を抱き、働き詰めの完治のことを常に気にかけている薫。一方、完治はこれまで不貞とは縁無く生きてきたエリート銀行員。秘書でありながら、“妻子ある上司を好きになってしまう”という許されない思いを内に秘めた切なさを、本仮屋はどのように演じるのか。

 また、本仮屋は完治の妻・真璃子を演じる中山美穂と今回が初共演。家庭を顧みない夫を献身的に支えてきた妻と、完治の仕事を一番近くで見てきた薫という、対極の立場にある2人の女性を演じる本仮屋と中山の張り詰めた共演シーンにも注目だ。本仮屋は同作について、「切なくて、でもここから物語が濃く熱くなっていく予感がいっぱいの、でもその物語を始めてしまったら、もう後戻りできない怖さもある、人肌恋しくなる季節にぴったりのドラマだと感じました」とコメント。

 中山との共演シーンについては、「撮影が終わった時に“もう! 憎たらしい!”と言いながらパンチするような仕草を中山さんがしてくださって。私のお芝居に対してのリアクションだと思うと感激でしたし、その様子がとても可愛らしくて同性ながら胸ときめきました」とコメントしている。

 『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』は、10月11日よる10時からフジテレビ系で放送。
《KT》

関連ニュース

page top