Toshl、「およげ!たいやきくん」の熱唱に絶賛の嵐「泣ける」 | RBB TODAY

Toshl、「およげ!たいやきくん」の熱唱に絶賛の嵐「泣ける」

エンタメ その他
写真は「2018 Coachella Valley Music And Arts Festival」(c)Getty Images
  • 写真は「2018 Coachella Valley Music And Arts Festival」(c)Getty Images
 X JAPAN・Toshlが、6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。
1975年の大ヒット曲『およげ!たいやきくん』を弾き語りする姿にSNS上では反響の声が寄せられている。


 Toshlは小学校4年生の学級クラス会で、この歌をモチーフにした演劇に参加。本当は主人公の“たいやきくん”を演じたかったが、回ってきたのは“桃色サンゴ”という脇役で、演じながら、悔しさのあまり泣いてしまったという。

 そこで今回彼は、そんな思い出の曲を披露。「その時の悲しみも込めて、怒りも込めて歌いたいと思います」と決意を語ると、ギター片手に弾き語り始めた。高音を響かせたかと思えば、悲哀たっぷりにささやき、本来の歌詞にはない、たいやきくんの心の声を「熱いんだよ!バカヤロー!」とシャウトで吐き出すなど、壮大なバラードに仕上げた彼にスタジオは大拍手。ダウンタウン浜田雅功も「さすがやね」としか言えなかった。

 これに対してSNS上には、「たいやきの魂の叫び受け取った~」「およげたいやきくんをこんな風にドラマティックに歌えるのはToshlくんだけ」「クオリティが本当ヤバい」「こんなに泣けるたいやきくんないよ…」と絶賛コメントが殺到した。

 また彼は続けて、松本人志が少年時代の貧しかった思い出を歌詞にし、槇原敬之が作曲。浜田雅功と槇原が歌ったことで話題となった名曲「チキンライス」もピアノで弾き語り。こちらにも「しびれた」「感動した」「鳥肌もの」と、多くの称賛の声が書き込まれていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top