「肉フェス」が炭水化物を解禁!究極のがっつり系メニューを投入へ | RBB TODAY

「肉フェス」が炭水化物を解禁!究極のがっつり系メニューを投入へ

累計来場者数600万人超えを記録する「肉フェス」が、この秋、「国営昭和記念公園」(東京都)、「さいたま けやきひろば」(埼玉県)の2会場で開催される。

ライフ グルメ・食品
「肉フェス」が炭水化物を解禁!究極のがっつり系メニューを投入へ
  • 「肉フェス」が炭水化物を解禁!究極のがっつり系メニューを投入へ
  • 「肉フェス」が炭水化物を解禁!究極のがっつり系メニューを投入へ
  • 「肉フェス」が炭水化物を解禁!究極のがっつり系メニューを投入へ
 累計来場者数600万人超えを記録する「肉フェス」が、この秋、「国営昭和記念公園」(東京都)、「さいたま けやきひろば」(埼玉県)の2会場で開催される。


 今回、「肉フェス 国営昭和記念公園2018」(10月12日~21日)と「肉フェス さいたま新都心2018」(10月4日~8日)は、それぞれ“オモテ”と“ウラ”という位置づけ。会場内で各店が提供する肉メニューはもちろん肉のみ。丼などのメニューは一切なく、ステーキを提供するお店はステーキのみというのが基本のスタイルだった。今回もそんなこだわりが、オモテの「肉フェス 国営昭和記念公園2018」では継承。当日は、肉とスポーツを結びつけた「カラダに喜びを与える」ような新たなエンタテインメントが提供されるという。

 対して、ウラの「肉フェス さいたま新都心2018」では、これまでの肉フェスでは封印されてきた肉丼、肉パン、肉サンドなどがズラリと並ぶ。肉にこだわり続ける「肉フェス」が厳選する「肉+炭水化物」、つまり、究極のがっつり系メニューに注目だ。開催概要は、次の通り。

◆「肉フェス さいたま新都心2018」概要
・開催期間:2018年10月 4日(木)~10月 8日(月・祝)
・営業時間:10:00~21:00(平日11:00~/最終日のみ~20:00)
・会場:さいたま けやきひろば (さいたま市中央区新都心10)
・料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(700円/枚)、電子マネー利用可

◆「肉フェス 国営昭和記念公園 2018」概要
・開催期間:2018年10月 12日(金)~10月 21日(日)
・営業時間:平日11:00~21:00/土日10:00~21:00(初日のみ12:00~・最終日のみ~20:00)
・会場:国営昭和記念公園 (東京都立川市緑町3173)
・料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(700円/枚)、電子マネー利用可
《KT》

関連ニュース

page top