過去最大のディスプレイを搭載した新型iPhone登場?現地時間9月12日に発表か | RBB TODAY

過去最大のディスプレイを搭載した新型iPhone登場?現地時間9月12日に発表か

全世界が注目する新型iPhone。その発表日時は、現地時間9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)となる可能性が高まってきた。海外メディアが、匿名の情報筋をもとに伝えている。

IT・デジタル スマートフォン
Appleのティム・クックCEO(C)Getty Images
  • Appleのティム・クックCEO(C)Getty Images
  • Appleのティム・クックCEO(C)Getty Images
 全世界が注目する新型iPhone。その発表日時は、現地時間9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)となる可能性が高まってきた。海外メディアが、匿名の情報筋をもとに伝えている。

 新型iPhoneは、前作の名称にこれまでになかった「X」が採用されたことから、そのネーミングも気になるところ。これについては、多くの海外メディアが例年になく、ディスプレイサイズを冠した"仮"の名称で呼んでいる点も1つのポイントだ。

 登場すると噂されるモデルは、5.8インチOLED液晶モデル、6.1インチLCD液晶モデル、そして6.5インチのOLED液晶採用モデルの、合計3種類が予想されている。特に、6.5インチモデルは、iPhone 8 Plusとほぼ同じサイズ感にも関わらずフルディスプレイということで、これまでで最大のディスプレイを搭載したiPhoneということになる。

 6.1インチモデルは5.8インチ、6.5インチと比較すれば、低価格モデルという位置付け。カメラ性能やベゼルの仕上げ(素材)に差が設けられる可能性が高い(具体的には、5.8インチ、6.5インチがデュアルレンズカメラ搭載、ベゼルがスチール仕上げであるのに対し、6.1インチはシングルレンズカメラ搭載、ベゼルはアルミニウム仕上げ)。また、すべてのモデルでホームボタンは廃止。iPhone Xと同様、Face IDが採用される可能性が高い。前作ではiPhone 8およびiPhone 8 PlusというTouch IDの選択肢が与えられたが、このあたり、ユーザーがどのような評価を見せるのかも注目の1つだ。

 なお、新型iPhoneだが、予約受付が現地時間9月14日、発売は現地時間9月21日になるという見方が強い。毎回のことだが、新型iPhoneは需要過多で、出荷が追いつかないケースが多い。確実に欲しい人は、予約開始日を「決戦の日」と位置付けて、PCに張り付くことも考えた方が良いかもしれない。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top