「ペンギン・ハイウェイ」10億円突破確実の好スタート! 初日舞台挨拶レポ到着 | RBB TODAY

「ペンギン・ハイウェイ」10億円突破確実の好スタート! 初日舞台挨拶レポ到着

8月17日、アニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』が、TOHOシネマズ日比谷にて初日舞台挨拶を開催した。主演の北香那をはじめ蒼井優、西島秀俊、竹中直人ら声優陣、そして原作者・森見登美彦と石田祐康監督が一斉に登壇すると、会場から大きな歓声が上がった。

エンタメ 映画・ドラマ
『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶スチール(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶スチール(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶スチール(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶スチール(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶 北香那色紙(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • 『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶 蒼井優色紙(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • (C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • (C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
  • (C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
8月17日、アニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』が、TOHOシネマズ日比谷にて初日舞台挨拶を開催した。主演の北香那をはじめ蒼井優、西島秀俊、竹中直人ら声優陣、そして原作者・森見登美彦と石田祐康監督が一斉に登壇すると、会場から大きな歓声が上がった。

冒頭、アオヤマ君役・北は「今日この日を無事に迎えられ、そして皆さんに素敵な作品が届くのを楽しみにしていたので、嬉しいです」と挨拶。お姉さん役・蒼井は「こうして壇上に立たせていただけるのも、皆さんの努力が積み重なった上のもので、私達はここにいられます。そんなスタッフの方たちの情熱が皆さんに届けば良いなと思います」との思いを述べる。


また石田監督は「本当に色んなことがありました。スタッフの皆さんと苦労を共にしてきました。キャストの方々を始め、原作の森見登美彦さん、皆さんのおかげだと思っています。このご恩をお返しできるように頑張ります」と意気込み、森見は「私が好き勝手に書いた、お気に入りの作品を素晴らしい映画にしていただいて、感謝しています。絶対に忘れられない映画になると思います」と喜んだ。

初日を迎えた心境については、北が「初めて声優をやらせていただいて、不安や緊張はあるのですが、ものすごくワクワクしています!とても新鮮な気持ちでいます。なによりもすごく嬉しいです!」と笑顔を見せ、蒼井は「石田監督おめでとうございます。本当に愛らしい方で、全カットに愛情を込められて作られている作品なので、皆さんに気に入っていただけたら嬉しいです」とコメント。

すると石田監督は照れながら「恐縮ながら、今日は蒼井さんからプレゼントしていただいたものを着てきております」と明かし、「監督ぽくて、ペンギンらしいデザインを選びました」とはにかむ蒼井に「新たなお気に入りができました!」と感謝を伝えていた。

石田監督は初の長編デビューについても聞かれ、これには「とにかく“長い”というのが大変でした。多くの方と関わる楽しさとプレッシャーがありましたが、なんとかここまでこられました!」と返答。
森見は自作でも“特別な存在”と評する『ペンギン・ハイウェイ』の映像化に、「原作を書く際、自分が子供の時に見たかった風景をイメージして書いたのですが、映画では、それがうまく再現されていて、小学生の頃の自分が見たら、すごく感動するだろうなと思いました。10回ぐらい見ているのですが、毎回新たな発見があって、飽きないです」との感想を語った。


そして北は8月23日、蒼井は当日8月17日が誕生日ということで、イベントではバースデーサプライズも。ペンギンが彩られた誕生日ケーキに加え石田監督描き下ろしの似顔絵イラストが贈られ、北は「すごく可愛く描いていただいて、嬉しいです!」、蒼井は「本当に知らなかったので、驚きました、嬉しいです!」と感激していた。

最後にはこれから作品を観賞するファンに向けて、蒼井が「見終わって、ものすごく昔の“自由さ”を思い出しました。今は、色んなことがわかることに慣れすぎていますが、わからないことがたくさんあった時代の“自由さ”を本作を見て感じていただけたらと思います」、北が「あの時のキラキラした世界を映画を見て、思い出しました。昔の自分に会いたくなりました。是非皆さんの視点で楽しんでください!」とメッセージ。


石田監督は「アオヤマ君に本当に惚れ込んで、こんな少年なら応援したいと純粋に思え、なんとかここまで来れました。アオヤマ君の真っ直ぐな瞳に映る風景をこの映画で描きたいと頑張りました。最後まで見届けてやってください。宜しくお願い致します!」と熱い想いを述べ、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

『ペンギン・ハイウェイ』は8月17日より上映中。初日14時の時点で興収10億円突破を確実にしており、長編アニメ初挑戦の新人監督作品としては異例の好スタートを切っている。

(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》

関連ニュース

page top