のん、「大人っぽい声」を褒められて大喜び! | RBB TODAY

のん、「大人っぽい声」を褒められて大喜び!

女優ののんが15日、都内で行われたアニメーション映画『この世界の片隅に』夏の再上映舞台あいさつに片渕須直監督と登壇した。

エンタメ 映画・ドラマ
のん【錦怜那】
  • のん【錦怜那】
  • のん【錦怜那】
  • のん【錦怜那】
  • のん【錦怜那】
  • のん【錦怜那】
  • のん、片渕須直監督【錦怜那】
 女優ののんが15日、都内で行われたアニメーション映画『この世界の片隅に』夏の再上映舞台あいさつに片渕須直監督と登壇した。

 第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも日々を大切に、前を向いていく女性・すずの姿を描いた本作は、2016年11月に公開してから口コミで広がり人気を集め、今もなお1日も途絶えることなく劇場上映を続けている。さらに、新たに約30分の新規シーンが描き足された新バージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月に公開されることも決定した。

 主人公の声を務めるのんは、「こんなに長く作品と付き合っているのが初めてなので、とても貴重な体験」としみじみと語ると、「こんなに皆さんに愛されている作品は、世界中どこ見てもこの作品だけじゃないかと思ってしまうくらい、すごくうれしです」と笑顔を見せた。

 アフレコを振り返ると、すずが泣いているシーンで「涙を流しながらじゃなく、テクニックだけで泣いている声を出さなければいけない」ことに戸惑いながらも、「監督や音声さんが(録音)ブースを真っ暗にしてくれて、のんが集中できるようにしてくれました」とスッタフの力も借りてやり遂げたことを紹介。

 また、新バージョンの特報映像で久しぶりにすずの声を収録したのんは、「期間が開いていたので、できるかなと不安な気持ちがあったんですけど、肩の力を抜いてブースに入って何度かやっていくうちに大丈夫だなと思って、手ごたえを感じました」と自身の表情。片渕監督から「原作者のこうの史代先生が『今までにない大人の声のすずさんですね。すごく良かったです』と言ってくださった」と伝えられると、「すごくうれしいです。ありがたいですね。褒め言葉ですよね?」と大喜びした。

 そして、「これから付け足していくシーンは、こうの先生がおっしゃるようにちょっと大人っぽいすずさんだったりするので、その部分の解釈を掘り下げて、監督と密にやっていけたらと思います」と意気込んだ。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top