坂上忍、墜落現場の御巣鷹の尾根へ……「日本航空123便墜落事故」33年目の真実 | RBB TODAY

坂上忍、墜落現場の御巣鷹の尾根へ……「日本航空123便墜落事故」33年目の真実

16日の『直撃!シンソウ坂上2時間SP~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~』(フジテレビ系)では、1985年8月12日に乗客乗員合わせて524名中520名の尊い命が失われた「日本航空123便墜落事故」を取り上げる。

エンタメ その他
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 16日の『直撃!シンソウ坂上2時間SP~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~』(フジテレビ系)では、1985年8月12日に乗客乗員合わせて524名中520名の尊い命が失われた「日本航空123便墜落事故」を取り上げる。

 番組では4組の遺族に独自取材。事故から33年を経た今だからこそ初めて明かしてくれた事故後の壮絶な人生。遺族の方々がどのように悲しみと向き合い、何を支えに生き抜いてきたのか。残された家族たちを絶望の淵から救ったのは、機内で書かれた命がけの遺書。そして、同じ悲しみを抱える遺族間の支え合いだった。それら、今まで描かれることのなかった「事故から33年目の真相」をドキュメンタリードラマで描く。

 当時9歳の息子・健くんを甲子園で行われている高校野球観戦の一人旅に送り出した美谷島家。上司が急逝し、8月12日に急きょ東京に行くこととなり、事故に遭った谷口正勝さんの谷口家。夏休みに「つくば科学万博」や「東京ディズニーランド」に出かけ、その帰りに3人の娘が事故に遭った田淵家。急きょ、大阪での仕事が入り、満席のため空席待ちで待機し、席があいたため日本航空123便に搭乗した村上良平さんの村上家。ドキュメンタリードラマでは、上述した4組の遺族への徹底取材をもとに、事故以前の暮らしぶりから事故当日の様子、さらには事故から33年を経た現在までを丁寧に描き出す。事故を乗り越え、33年がたった今だからこそ語ることのできる、彼らにとっての「日本航空123便墜落事故」とは果たして。

 MCの坂上忍は、墜落現場の御巣鷹の尾根へ向かう。そこで、坂上は息子・健くんを事故で亡くした美谷島邦子さんと合流。美谷島さんは、事故後の1985年12月に遺族らで結成された「8.12連絡会」の事務局長を務めている。坂上は美谷島さんととともに、事故の爪痕が残る現場や、御巣鷹に建立された慰霊碑「昇魂之碑」などを訪ねる。美谷島さんによると、御巣鷹の尾根を最初から最後まで案内しながら取材に応じたのは33年間で初めての経験だったとのこと。

 『直撃!シンソウ坂上2時間SP~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~』は8月16日午後7時57分~9時54分。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top