葵わかな、リアルすぎる恋愛観を告白 | RBB TODAY

葵わかな、リアルすぎる恋愛観を告白

映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台あいさつが15日に都内で行われ、葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、挿入歌「点描の唄」をMrs. GREEN APPLEとともに歌う井上苑子が登壇した。

エンタメ 映画・ドラマ
葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 古畑星夏【錦怜那】
  • 久間田琳加【錦怜那】
  • 秋田汐梨【錦怜那】
  • 井上苑子【錦怜那】
  • 映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台あいさつ【錦怜那】
  • 映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台あいさつ【錦怜那】
 映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台あいさつが15日に都内で行われ、葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、挿入歌「点描の唄」をMrs. GREEN APPLEとともに歌う井上苑子が登壇した。

 本作は夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵(佐野勇斗)との夏休みだけの〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。

 女子だけの登壇イベントとあって、恋愛トークで盛り上がる一同。その中で、女性客から「追う恋と追われる恋、どちらが幸せ?」と尋ねられると、古畑、久間田、井上が「追われる恋」と回答。一方で秋田は「好きじゃない人に追われても…」と素直な思いを吐露すると、「毎日会っている時の(相手の)言動で小っちゃい幸せを感じられる」という理由から「追う恋」を選択。葵も「将来に繋がらない幸せだよね」と言いつつも、「追える元気がある時は幸せ」と同調した。

 さらに、「将来結婚を考えているなら、追う恋に身を投じていないで、追われる恋を選んだ方がいいと思うけど、高校生とかこれから大人になる人は追っても将来に響かない」とリアルすぎる恋愛観を披露。久間田らから「正解だと思う」「ベストアンサー」などと納得の声が挙がると、古畑は「年を考えよう」と葵の意見を的確に一言でまとめ、会場の笑いを誘った。

 また、男性客から「花火大会で男性が浴衣を着るのは女性的にどうですか?」と質問されると、葵はここでも「二人とも普段着でいいんじゃないかな。だって浴衣の下駄って足めっちゃ痛くなるじゃないですか」と現実的なコメント。自身は「浴衣でお祭りに行ったことがない」そうで、「普段着の方が簡単でいい」とすすめていた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top