熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている! | RBB TODAY

熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!

「俺思うんだけど、日高屋って日本を征服しようとしてんじゃないのかなあ。だって、こんなにうまくて安くて遅くまでやっていて、こんなにいい店ないもん。そのうちみんな日高屋の奴隷になってしまうんじゃないかなあ。僕はなりかけてます」

ライフ グルメ・食品
熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
  • 熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!
「俺思うんだけど、日高屋って日本を征服しようとしてんじゃないのかなあ。だって、こんなにうまくて安くて遅くまでやっていて、こんなにいい店ないもん。そのうちみんな日高屋の奴隷になってしまうんじゃないかなあ。僕はなりかけてます」

などとSNSに書き殴ったら、その日高屋愛(と、そこまで愛してるわけでもないけども)を書け! との指令が飛んだのですが、ネタ的にどーしましょー! みたいなね。だって、日高屋ってまあ、「とりあえずサクッと食うか」的な位置づけでしょ? 行列ができるわけでもないし一蘭みたく観光客が押し寄せるわけでもない。言ってみれば普通。けどね! 俺ァ改めて言うよ! 日高屋サイコー! ナゼかって? この原稿を書くために連続して日高屋に行ったんだけど、やっぱ好きだわ~日高屋。その、ホントに熱烈中華食堂である日高屋の魅力を期間限定のおすすめメニューをガツガツ喰らいながらレポートしますよ……と、なんだか日高屋賛歌みたいになっちゃったのですが、タイアップ記事じゃあねえぜ? 


●1日目 チャーハン(税込450円)&半ラーメン(税込200円)

チャーハン(税込450円)と半ラーメン(税込200円)


ごめんね。期間限定の……と言いながら、普段食べられる当たり前のメニューをまずは食べちゃった。ただね、これはもう外せない。だってさ、日高屋のチャーハンもラーメンも、ホントにウマい! なんか、共通して少し、ふんわりと甘い感じがするんだよな~。アレ、なんなんだろ。特にラーメンな。日高屋では「中華そば」っていう名称(余談なのですが、店員さんに「ラーメン」って言うと「はい中華そばですね」って直される。しかし「半」になったとたん「ラーメン」になるとは?)で、見た目はラーメンブーム以前の醤油ラーメンっぽいんだけど、今風に脂的なコクもある。で、スープの塩味の中から、ちょっと濃いコクのある甘みが立ちのぼってくる感じ。スタンダードの凄みみたいなものを感じるよね。

半ラーメン。んー、少し浮いた脂が期待感を煽りますのう。シナチクも実はしっかりしているんですよね。こういう細かいところが日高屋の恐ろしいところだぜ。


あと、チャーハンね。こちらもなんだろう、ラーメンと同じくコクのある旨さ。ただしつこくはない。薄味一歩手前的な。なので、チャーハンを頬張ってラーメンのスープを口に含むとホントちょうどいい。このコラボって、もう何十年も当たり前の組み合わせなんですけれども、この「当たり前」を、上等な部類で実現しているのが日高屋なんだ! 社会人なら分かると思うけど、当たり前ってのは難しいんだぞ!

チャーハンは、ほかの店と同様半球型で出てくるんだけど、それをホクホク~ってほぐすのがいいんですよな~。


ちなみに、セットメニューとしては「中華そば+半チャーハン」(税込630円)があって、こっちのほうが20円お得。

完食! 10分かからないで完食!


●2日目 ごま味噌冷し(税込550円)

ごま味噌冷やし。冷やし系だから一気食いがオススメっす!


今さら日高屋の安さについて言うのもどうかと思うけど、550円って、まず安い。日高屋には「黒酢しょうゆ冷やし麺」(税込 530円/期間限定)っていう冷やし中華があるんだけど、ごま味噌~の場合は汁が冷たいごま味噌になってて、つけ麺風に食うのが特徴。ていうか日高屋。なんでラーメンを「中華“そば”」と言い、冷やし中華を「冷やし麺」と言うのか? そしてなぜ具材は別皿で提供されるのか? そのへんはポリシーがありそうなんだけど、旨ぇからまあいいや。……って思っていたんだけど、ちょっと思うのは「盛りつけに時間がかかるからじゃねえの?」ってコト。実はね、今回日高屋で注文してから料理が来るまでの時間を計っていたんだけど、マジで早い! たいてい5分以内に出てくるんですよ! これも日高屋が好きな理由かも。滞在時間15分ってこともあったもの。

で、ごま味噌冷やしのお味ですが、思ったよりサッパリでしたな。見た目はけっこう濃厚なんだけど、さすが夏のメニューだし冷やしと言うことで、ちょっとボリュームがある食べ物が欲しい時によいのではないでしょうか? ただね、ココが日高屋! って思ってしまうところはある。それはさ、具材っすよ。キュウリがね、パリパリ。「なんだよそんなことかよ」とか言うアナタ! 考えてみなよ? 安い店のキュウリってさ、「シナァ~」みたいにダレていることが多いじゃないですか。そしてハムも、「とりあえず肉っぽい何か」みたいなさ。玉子に至っては「食べられる黄色いスポンジ」みたいなものとかさ。日高屋はここがキチンとしているんだなぁ。こういうとこ! こういうとこが僕のハートに引っかかるんですよなあ(当社比なので、全日高屋がそうなのかどうかはわからんけど)。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top