良一(竹野内豊)が亜希子(綾瀬はるか)に初デートを持ち掛け...『義母と娘のブルース 』 | RBB TODAY

良一(竹野内豊)が亜希子(綾瀬はるか)に初デートを持ち掛け...『義母と娘のブルース 』

7月31日よる10時からは、『義母と娘のブルース 』(TBS系)の第四話が放送される。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 7月31日よる10時からは、『義母と娘のブルース 』(TBS系)の第四話が放送される。


 同ドラマの原作は、2009年から4コマコミック誌「主任がゆく!スペシャル」(ぶんか社)で連載されていた桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語だ。

 前話にて、会社でしゃがみこんでしまった良一(竹野内豊)。検査が終わり、病院を後にし歩いていると、ママ友の井戸端会議に参加をしようとしていた亜希子(綾瀬はるか)に遭遇。一緒に家路につくその姿はすっかり夫婦に見えていた。そんな中、学校から帰ったみゆき(横溝菜帆)が突然「2人は“ギソウケッコン”なの?」と尋ねる。質問攻めのみゆきに、慌てた亜希子と良一は苦し紛れに言い訳をするが、「どうして付き合うことになったの?」という質問には答えられず、亜希子は「みゆきちゃんの林間学校明けには答える」と約束をするのだった。

 一方、下山(麻生祐未)からみゆきの情報を聞きだすため、マンション購入をほのめかしていた亜希子だったが、購入する気がないことを伝えると、下山に代わりに購入してくれる人を探してくれないと困ると言われてしまう。マンションのチラシを手に動き出す亜希子だったが、高額マンションの買い手はそう簡単に見つからない。そこへ、良一の部下である猪本(真凛)が、亜希子を見たいがために、マンションの内見を承諾してくれた。内見中に猪本の夫との馴れ初めを聞く亜希子は、ますますみゆきへの回答をどうするべきか悩んでいた。その姿に良一は「どうせなら外で一杯やりながら考えましょう」と初めてのデートを持ち掛ける。みゆきへの説明を話し合うが、良一と愛(奥山佳恵)がそうだったような2人の共通点があまりに無く...。

 『義母と娘のブルース 』第四話は7月31日よる10時から、TBS系で放送。
《KT》

関連ニュース

page top