池田エライザ主演『ルームロンダリング』、第22回ファンタジア国際映画祭での上演が決定 | RBB TODAY

池田エライザ主演『ルームロンダリング』、第22回ファンタジア国際映画祭での上演が決定

『ルームロンダリング』が7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなる。このほど、同作がカナダ・モントリオールにて7月12日から8月2日まで開催される第22回ファンタジア国際映画祭にて上映されることが決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
  • (C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
  • (C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
  • (C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
  • (C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
  • (C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
  • (C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
 池田エライザ主演の映画『ルームロンダリング』が7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなる。このほど、同作がカナダ・モントリオールにて7月12日から8月2日まで開催される第22回ファンタジア国際映画祭にて上映されることが決定した。

 同作の主人公は、5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、事故物件に自分が住むことによって“部屋を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・?!

 同作は、新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト、「TSUTAYA CREATORS‘ PROGRAM FILM2015」で、全474企画の中から準グランプリFilmarks賞を受賞した企画の映画化作品。今回の第22回ファンタジア国際映画祭での上映決定は、第21回上海国際映画祭での上映に続いてのニュースだ。

 国際的にも注目を集める映画『ルームロンダリング』は、7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。
《KT》

関連ニュース

page top