水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る | RBB TODAY

水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る

エンタメ 映画・ドラマ

水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る
  • 水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る
  • 水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る
  • 水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る
  • 水曜どうでしょうの名物ディレクターら、俳優・大泉洋の魅力について語る
 6月22日公開の映画『焼肉ドラゴン』の試写会が都内で行われ、同作の監督・脚本、舞台版の演出を務めた鄭義信監督と、同作に出演している大泉洋が所属するTEAM NACKSを全国的人気に押し上げたバラエティ番組『水曜どうでしょう』のチーフディレクターの藤やんこと藤村忠寿、カメラ担当ディレクターのうれしーこと嬉野雅道の3名がトークショーを行った。

 上映後、会場に迎えられた3人。まずは、藤村が作品について「濃密な人間関係が描かれている作品だよね!」「観ていて僕も焼肉ドラゴンの一員になっていましたね」と見どころなどを熱く語った。さらに縁の深い大泉について聞かれると「今までバラエティタレントとしてはもちろん評価していたけど、俳優としてはあんまり(笑)でも僕も演技を最近するようになってからは、大俳優だと思っていますよ」と笑いを誘った。

 さらに嬉野も「大泉も元々演劇人ですし、この作品のオファーがきたときすごく張り切っていましたよ! 僕としても、よくこんな大きな作品に出たな~って胸いっぱいです」と嬉しそうに語り、さらに映画ポスターを指さし「あの大泉が今やもう鄭義信の『焼肉ドラゴン』の最前列に座ってるんですよ!」と興奮したように同意すると、藤村も「俺らはもう親戚のおじさん目線だから」と苦笑した。

 話題はそんな2人と大泉が出会った『水曜どうでしょう』に移り、大泉を初めてキャスティングした理由について聞かれた藤村は「理由も何もあいつしかいなかったからですよ。こんな面白い大学生って。一緒に旅に出るようになって2ヶ月後くらいには、日本一面白いタレントだって確信していました」と語り、「先見の明があるんで(笑)彼はポジショニングがとにかく上手い。普通なら他の全員が一目散に走っていくようなところには一緒にいかない。いかに楽にしてサボるかを考えているからね~。こんなタレント今までいなかったですよ」と、愛にあふれたけなしコメントも残した。

 一方、鄭は大泉について、「撮影にはものすごく真面目に取り組んでくれましたね。韓国の俳優たちとも翻訳アプリでコミュニケーションを取っていたり、他の作品もあるから本当はダメなのに髪の毛を切ってきてくれたり」と意外な一面があることも語った。最後に一言を求められた嬉野は「大泉洋をよろしくお願いします!」と最後まで親戚のおじさん目線を崩さなかった。映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top