SKE48の須田亜香里、バーター出演事情に怒り「ずっと首から下しか映っていなかった」 | RBB TODAY

SKE48の須田亜香里、バーター出演事情に怒り「ずっと首から下しか映っていなかった」

27日放送の『必殺!バカリズム地獄』で、SKE48の須田亜香里が激怒する一幕があった。

エンタメ その他
SKE48の須田亜香里、バーター出演事情に怒り「ずっと首から下しか映っていなかった」
  • SKE48の須田亜香里、バーター出演事情に怒り「ずっと首から下しか映っていなかった」
  • SKE48の須田亜香里、バーター出演事情に怒り「ずっと首から下しか映っていなかった」
 27日放送の『必殺!バカリズム地獄』で、SKE48の須田亜香里が激怒する一幕があった。

 同番組は“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

 この日ゲストとして登場したSKE48の須田亜香里に“鬼ギレ”したエピソードを聞くと、「6年くらい前、まだAKB選抜とかにも入っていない頃、松井玲奈さんとか先輩の後ろでバーターとして、ある有名な番組に出たことがあった。私たちは3人で多かったから、私だけ後ろの背が高い丸椅子に座ったんです。有名な番組だったから、家族にも『観てね!』と言っていたんですけど、オンエアを観たら、ずっと首から下しか映っていなかった。面白いことが言えなかった私も悪い、実力不足は実感していますけど、せめてもうちょっと・・・」と怒りを露わに。

 これにバカリズムが「どれくらいから、画面にちゃんと入れてもらえるようになったんですか?」と聞くと、「この2年くらい、7位になってから。7位になってからは、“7位の須田さん”と言ってもらえるようになって、出演オファーは増えました。でも順位関係なく、個性がちゃんとあれば使ってもらえる子もいますけど」と振り返った。
《KT》

関連ニュース

page top