『コンフィデンスマンJP』に佐野史郎、近藤公園、伊吹吾郎の出演が決定 | RBB TODAY

『コンフィデンスマンJP』に佐野史郎、近藤公園、伊吹吾郎の出演が決定

エンタメ その他

(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 4月30日よる9時から放送の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系列)第四話のゲストとして、佐野史郎、近藤公園、伊吹吾郎が出演する。

 同ドラマは、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる物語。

 第四話「映画マニア編」のゲストとして出演する佐野が演じるのは、食品加工会社「俵屋フーズ」社長の俵屋勤。俵屋は、典型的な二代目のお坊ちゃま社長。学生時代に自主映画を作っていた過去を持ち、自宅にホームシアターを完備し、映画雑誌を毎月定期購読するほどの映画マニア。俵屋は、自社のヒット商品「うなぎのカレー煮」缶詰に、外国産のうなぎを使用しているにも関わらず、国産うなぎ使用と表示するなど食品偽装をしており、そのことを指摘してきた工場長の宮下(近藤公園)を、逆に報復人事をちらつかせ恫喝する始末。告発文を投函できないまま酔いつぶれていた宮下とダー子が出会い、ダー子は俵屋をターゲットに定めることになる。

 映画マニアの俵屋に出資をさせるため、架空の映画を撮影することにしたダー子、ボクちゃん、リチャード。そのため、今回の「映画マニア編」は、『コンフィデンスマンJP』史上最大級のスケールとなる。俵屋をだますためにさまざまな人物になりすますダー子。特に、中国の国民的女優マギー・リンに扮装するダー子に注目だ。また、第四話のサブゲストとして伊吹吾郎も出演。伊吹は、撮影所で本物の映画を撮影中の有名俳優を本人役として演じる。

 佐野は、『極悪がんぼ』(2014年4月クール)以来久しぶりの月9ドラマ出演について、「毎回かなりとっぴで荒唐無稽なエンターテインメント作品です。こういうドラマに出演させていただけるというのはとても光栄で、何より僕自身、楽しんで演じています」とコメント。また、「今という時代を反映するような作品を正面からぶつけていけば、世界の人たちは受けとめてくれるはずですし、こういう企画がもっと出てくるといいなと思います。俳優の立場ではありますが、そういうアイデアも発信していきたいですね」と意気込みも語っている。『コンフィデンスマンJP』は毎週月曜よる9時からフジテレビ系列で放送。佐野らがゲスト出演する第四話は、30日放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top