葵わかな、心霊ドッキリでも笑顔貫き「わろてんか」魂を発揮! | RBB TODAY

葵わかな、心霊ドッキリでも笑顔貫き「わろてんか」魂を発揮!

エンタメ その他

葵わかな【写真:竹内みちまろ】
  • 葵わかな【写真:竹内みちまろ】
 葵わかなが『ニンゲン観察!モニタリング春の3時間SP』(TBS系)に出演。心霊ドッキリに引っかかったときのリアクションが「永遠に見ていられる」などと反響を呼んでいる。

 TBSでの取材中、辺りに聞こえる鈴の音に秒速で反応したものの、その後の猫の鳴き声には怖がりながらも記者と会話を続け、プロ意識の高さを見せた葵。

 だが局内に「女の子の霊が出る」と聞くや、「どうしよう」と一度は怖がるも、「笑ってると良いと聞いたことがある」と、霊の退散法を明かし、「『わろてんか』なんで」と、3月までヒロインを務めていた朝ドラのタイトルを一言。そして記者たち2人と、「わっはっは!わっはっは!わっはっは!」と笑い合うという、妙な展開に。

 だが、か細い少女の声で「ねぇ…私の猫見なかった?」と聞くと表情を一瞬にしてこわばらせ、霊に聞こえないように、記者たちに、ひそひそ声で「私の猫見なかったかって聞かれたんですけど…」と耳打ち。そこで再び、記者たちと「わっはっは!わっはっは!」と笑い合うナゾのお祓いがスタート。

 その後、室内を停電にすると、「どうしよう、どうしよう、どうしたら良いと思いますか?」と記者に相談。さらには、「私、三姉妹の真ん中だったんで、間に入らせてもらってもいいですか?」と、なぜか今日会ったばかりの記者2人の間に入り込み、怖がる始末。点灯後、少女の霊が見えると、思わず男性記者に抱きつき絶叫。ネタバラシされたあと、少女の霊から「わろてんか?」と言われると、「ありがとう」と律儀にお礼をしていた。

 SNS上では、心霊ドッキリでの葵のリアクションに「永遠に見てられる」「可愛すぎる」といった声とともに、彼女に抱きつかれたニセの男性記者には「役得すぎるだろ」「偽記者の人ずるいな」といった意見も寄せられていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top