加藤浩次、4月スタートのドラマ『ブラックペアン』で医療誌の編集長役 | RBB TODAY

加藤浩次、4月スタートのドラマ『ブラックペアン』で医療誌の編集長役

エンタメ 映画・ドラマ

(C)TBS
  • (C)TBS
 4月22日のドラマ『ブラックペアン』(TBS系列)に、加藤浩次が出演することが決まった。

 同ドラマの原作は、海堂尊の小説「ブラックペアン1988」で、シリーズ累計150万部を誇る人気作。舞台となる東城大学医学部付属病院に、突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプ。この最新機器を巡る疑惑をきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうとする“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎(二宮和也)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく姿が描かれる。病院、研究室、製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題や様々な不正、“ブラックペアン”と呼ばれる特製の真っ黒いペアン(止血用鉗子)に隠された過去が暴かれる、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。

 すでに主演の二宮をはじめ、竹内涼真、葵わかなといった面々の出演が発表されているが、今回新たに加藤の出演が決定。加藤が演じるのは、医療ジャーナル誌『日本外科ジャーナル』の編集長・池永英人(いけながひでと)。医師は学術誌に論文が載ることで、“インパクトファクター”という業績を評価する指標を得ることができる。中でも学術誌の最高権威である「日本外科ジャーナル」の影響力は大きく、その編集長は理事長選にも絶大な影響力を持つ。つまり池永は、日本心臓外科学会の理事長の席を争っている、東城大・佐伯教授(内野聖陽)と帝華大・西崎教授(市川猿之助)の対決において一番のキーとなる重要人物だ。常に冷静で中立的な立ち居振る舞いをする池永だが、果たしてその実態は・・・?

 加藤がTBS系連続ドラマに出演するのは、2006年放送の『クロサギ』以来、実に12年ぶり。今や“朝の顔”としてすっかり定着した加藤だが、どのような演技を見せてくれるのかに注目だ。ドラマ『ブラックペアン』(TBS系列)は4月22日スタート。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top