中村アン、連ドラ初主演!30歳処女、恋愛こじらせ系女子を演じる | RBB TODAY

中村アン、連ドラ初主演!30歳処女、恋愛こじらせ系女子を演じる

4月5日にスタートする木曜ドラマ『ラブリラン』(日本テレビ系列)に中村アンが主演する事が決まった。中村は連ドラ初主演となる。

エンタメ 映画・ドラマ
中村アン、連ドラ初主演!30歳処女、恋愛こじらせ系女子を演じる
  • 中村アン、連ドラ初主演!30歳処女、恋愛こじらせ系女子を演じる
  • 中村アン、連ドラ初主演!30歳処女、恋愛こじらせ系女子を演じる
 4月5日にスタートする木曜ドラマ『ラブリラン』(日本テレビ系列)に中村アンが主演する事が決まった。中村は連ドラ初主演となる。

 同ドラマは女性漫画誌『Kiss』に連載された天沢アキの同名マンガが原作。15年思い続けているワイルド甘々男子、鷺沢亮介と記憶喪失中に同棲していたドSツンデレ男子、町田翔平との間で揺れ動く南さやかの恋心が描かれる。中村は主人公の南さやか役を演じる。

 15年間も幼馴染み、鷺沢亮介への片想いをこじらせ、30歳になっても処女の南さやかは恋愛というリングに上がる事を拒否し続けていた。そんなある日、さやかが目を覚ますと目の前には見知らぬ町田翔平という男の姿が。翔平はさやかと付き合って同棲しているという。どうやら3ヶ月間の記憶を失くしているさやか。しかも、さやかは翔平に処女を奪われてしまっていた…というストーリーになっている。さやか、翔平、亮介の恋愛模様や地味だったさやかが女性として成長していく姿が見所だ。

 さやかと同じ会社で働く営業マン、町田翔平役を演じるのは古川雄輝。一方、一線で活躍するデザイナーの鷺沢亮介役を演じるのは大谷亮平。連ドラ初主演の中村が2人の男性の間で揺れる女性をどのように演じるのか、そして記憶喪失前と後の2つのイメージをどのように演じ分けるかに注目だ。

 中村は同作にかける同ドラマへの出演について、「連ドラ初主演、私も南さやかと同じ30歳。私もさやかと同じように日々奮闘し、このドラマにかける想いが非常に強く覚悟を決めて臨みます」とコメント。「地味な見た目のさやかから華やかな見た目に変身するさやかですが、内面は同じままなのでとても難しいですが、変わっていく彼女の姿をしっかり表現できるように頑張ります!皆さんの心に響く『ラブリラン』を是非、ご覧ください!」と意気込んでいる。『ラブリラン』(日本テレビ系列)は4月5日よる11時59分からスタート。
《KT》

関連ニュース

page top