水曜日のカンパネラ、コムアイ初出演映画で劇伴も担当 | RBB TODAY

水曜日のカンパネラ、コムアイ初出演映画で劇伴も担当

コムアイの映画初出演作となる『猫は抱くもの』で、水曜日のカンパネラとして初となる劇伴を担当することが分かった。

エンタメ 音楽
水曜日のカンパネラ、コムアイ初出演映画で劇伴も担当
  • 水曜日のカンパネラ、コムアイ初出演映画で劇伴も担当
  • 水曜日のカンパネラ、コムアイ初出演映画で劇伴も担当
 コムアイの映画初出演作となる『猫は抱くもの』で、水曜日のカンパネラとして初となる劇伴を担当することが分かった。

 同作は、沢尻エリカが『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりに主演を務めることでも注目を集めている作品。コムアイは猫のキイロを擬人化した姿で演じ映画初出演しており、さらに、今回、初となる劇伴も担当することが決定した。

 劇中歌「キイロのうた」は、作詞・コムアイ、作曲・ケンモチヒデフミで制作された楽曲で、コムアイは作詞について「劇中歌は、登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました」と語っている。これまで「マルコ・ポーロ」「クラーケン」などの楽曲の作詞を行ってきたコムアイが、今回自身が出演する映画の世界をどのような歌詞で表現をしているのかも注目だ。『猫は抱くもの』は、6月23日に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top