AKB48チーム8がご当地自慢、佐藤朱「宮城県出身の羽生結弦選手が金メダルを!」 | RBB TODAY

AKB48チーム8がご当地自慢、佐藤朱「宮城県出身の羽生結弦選手が金メダルを!」

エンタメ その他

AKB48チーム8/佐藤朱(宮城県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/佐藤朱(宮城県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/佐藤七海(岩手県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/舞木香純(福島県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/野田陽菜乃(三重県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/浜咲友菜(滋賀県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/中野郁海(鳥取県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/奥本陽菜(広島県)【写真:竹内みちまろ】
  • AKB48チーム8/下尾みう(山口県)【写真:竹内みちまろ】
 AKB48チーム8のメンバー13名が18日、都内にて開催された、地方の暮らしの魅力を発信し地方移住を推進する「第3回 いいね!地方の暮らしフェア」のオープニングセレモニーに出演し、各県の魅力をアピールした。

 セレモニーに出演したのは、佐藤七海(岩手県)、佐藤朱(宮城県)、舞木香純(福島県)、高橋彩香(長野県)、野田陽菜乃(三重県)、浜咲友菜(滋賀県)、中野郁海(鳥取県)、人見古都音(岡山県)、奥本陽菜(広島県)、下尾みう(山口県)、春本ゆき(徳島県)、廣瀬なつき(高知県)、谷口もか(宮崎県)の13名。

 宮城県の佐藤は、「私の生まれ育った宮城県はとても自然に恵まれた地域です。100万人都市の仙台市を抱える東北の中心地でもあります」と語り始め、県の特性や名産品を紹介。「昨日は平昌オリンピックで宮城県出身の羽生結弦選手が金メダルを獲得するなどスポーツも盛んな宮城県なので、ぜひ、みなさんに遊びに来てほしいです」と声を弾ませた。

 滋賀県の浜がマイクを持つと、大きな声援が沸き起こった。「滋賀県の魅力といえば日本一大きな湖・琵琶湖があって水と緑の自然が豊かなところです。また、若い人が多くて活気があるところも魅力的です」と告げ、県民の平均年齢が全国で3番目に若いことなどをアピール。

 ファンからの「いくみん!」の声援が飛び交った鳥取県の中野は、鳥取県は手が届きそうなくらい夜空が美しいことを紹介し、「鳥取県は昨年5月から、“星取県”になりました」と声を弾ませた。「県内のどの市町村からも天の川が見えて、流星群の時期でなくても流れ星が見やすく、空気が澄んでいるからこそ、美しい星空を見ることができます!」とご当地自慢。海も山も近いという地域性を生かしたレジャーの楽しさや、子育てにも力を入れている取り組みなどを紹介した。

 AKB48から卒業する福島県の舞木は、マイクを持つとファンから大声援を浴びた。舞木は「ありがとうございます」と笑顔で声援に応えた。「福島県は、広い、(東京から)近い、美味しい、温かい、この4つが自慢です」と福島県の4つの特徴を紹介し、ファンから大きな拍手を浴びた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top