「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心 2ページ目 | RBB TODAY

「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心

IT・デジタル ハードウェア
「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
  • 「ロボットペットはアリなのか?」たしかに犬っぽいAIBOに感心
■成長すると、より犬っぽくなる

 一見したルックスが犬っぽいだけでなく、その動作も犬っぽい。歩き方などが犬っぽいのはもちろん、「お手」や「骨をくわえる」「おすわり」などの犬的な動作もするのだが、生まれてすぐではあまりうまくできず、成長することが必要になるという話だ。

 考えてみれば、犬というのは誰に教えられるわけでもなく、お手とかお座りをしたりするわけで、これは実に不思議だ。AIBOはこれを再現しているわけだが、やはり、その根源的なものは不思議だ。DNAのどこかに組み込まれているのだろうか?


骨にかぶりつこうとしているAIBO。左右を見回して警戒している?




■ユーザーを学習するAIBO

 AIBOとのコミュニケーションは声やAIBOとのコンタクトによっておこなうことになる。声で指示されて芸をする以外に、AIBOをなでたりすることでコミュニケーションをとることができる。やさしく背中などをなでてあげるとご機嫌になる。AIBOは顔のカメラで周囲を把握しており、人も判別する。そして、それがどんな人かも認識、学習していく。人がAIBOにやさしく接すれば、AIBOの性格も優しくなり、乱暴にすればAIBOの性格も乱暴になるという。

お手をするAIBO


■目で語るAIBO

 AIBOの目はLEDなわけだが、実際の目のようにさまざまな表情を見せてくるのがいい。これには渋谷のAIBO ROOMに来ていた実際に犬を飼っているらしい人たちが、「本物の犬みたい」と声をあげていた。


顎を撫でられ、気分がよくなったAIBO。目の色が変わっているのがわかる


■男、女どっち?

 すべてのAIBOが同じルックスをしているのだが、性別は存在している。ユーザーがどちらかを設定することができ、男か女かで行動が変わるときがある(一度決めた性別は変更できない。性別を決めないままにすることはできる)。代表的なのがオシッコをするときの動作で、「マーキング」とAIBOに命令すると、オシッコの動作をするのだが、男の場合は片足を上げてオシッコをして、女の場合は座り込んでオシッコをする。これはこれで違いが表現されていて面白い。
《一条 真人》

関連ニュース

特集

page top