上白石萌音・萌歌、映画『羊と鋼の森』で姉妹初共演 | RBB TODAY

上白石萌音・萌歌、映画『羊と鋼の森』で姉妹初共演

「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した小説『羊と鋼の森』。その実写映画『羊と鋼の森』は、山崎賢人主演で2018年6月に公開となる。今回、物語の重要な役どころである姉妹ピアニスト役として、上白石萌音・上白石萌歌が姉妹初共演することが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
  • (C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
  • (C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
  • (C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
  • (C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
 「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した小説『羊と鋼の森』。その実写映画『羊と鋼の森』は、山崎賢人主演で2018年6月に公開となる。今回、物語の重要な役どころである姉妹ピアニスト役として、上白石萌音・上白石萌歌が姉妹初共演することが決まった。

 同作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していく。

 ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは山崎賢人。そして、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を三浦友和が演じる。主人公・外村は調律師として駆出しの時に、あるピアニストの姉妹と出会い、その音色に心を動かされ、調律師として急速に成長を遂げることになる。物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹。姉・佐倉和音を演じるのは、映画『君の名は。』でヒロインの声を担当した上白石萌音。そして妹・由仁役を、上白石萌歌が務める。2人は2011年に開催された第7回「東宝シンデレラ」オーディションで、姉妹揃っての受賞を果たし、それぞれ芸能活動をしてきたが、姉妹での共演は今回の映画が初のこと。

 家で台本の読み合わせも行っていたという2人。姉妹だからこその、息の合った演技に加えて、姉妹による連弾シーンに注目だ。映画『羊と鋼の森』は2018年6月全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top