“うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演 | RBB TODAY

“うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演

エンタメ 映画・ドラマ

“うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演
  • “うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演
  • “うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演
  • “うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演
  • “うたのおにいさん”横山だいすけが『警視庁いきもの係』でドラマ初出演
 7月9日午後9時スタートのドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系列)に『おかあさんといっしょ』(NHK・Eテレ)で11代目“うたのおにいさん”を9年間務めた横山だいすけの出演が決定した。

 警視庁総務部総務課・動植物管理係(架空の部署)の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と新米巡査・薄圭子(橋本環奈)の凸凹コンビが動物の生態をもとに事件解決に奔走する同ドラマで横山が演じるのは、制服警官(巡査)の四十万拓郎。幼いころから警察官にあこがれ、そのためにひたすら努力を積み重ねてきた人物で、警察官になった今はその使命感に燃える、今どき珍しいピュアすぎるほどピュアな青年。四十万は所轄の警官で、事件の捜査にやって来る須藤と薄を事件現場で道案内するなど、彼らをフォローする役回りで、ゲスト出演ではなく、毎回レギュラー出演する。

 歴代最長となる9年間、“うたのおにいさん”を務め、番組卒業後には子供たちやママたちの間に、“だいすけロス”を巻き起こした横山だが、ドラマに出演するのは初めてのこと。どのような演技を見せてくれるのかに注目が集まる。横山はドラマ初出演について、「ドラマに出演している自分が想像できなかったので、撮影初日を迎えるまで、日に日に、不安な気持ちも募っていました」とコメント。ファンに向けては、「今までの“うたのおにいさん”に似ているようで少し違う“四十万拓郎”を演じる、横山だいすけを楽しんでもらえたらうれしいです」と呼びかけている。ドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系列)は7月9日午後9時スタート。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top