平祐奈、三角関係のラブコメヒロインに!漫画『未成年だけどコドモじゃない』実写映画化 | RBB TODAY

平祐奈、三角関係のラブコメヒロインに!漫画『未成年だけどコドモじゃない』実写映画化

エンタメ 映画・ドラマ

(C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
  • (C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
  • (C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
 女優の平祐奈が漫画『未成年だけどコドモじゃない』の実写映画でヒロインを務めることが決定した。

 原作は漫画雑誌「Sho-Comi」で連載された少女漫画。何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳とそんな彼女と愛のない結婚をした学校イチのモテ男・鶴木尚、そして香琳に思いを寄せる幼馴染・海老名五十鈴の三角関係を描くラブコメディ作品だ。尚役はSexy Zoneの中島健人、五十鈴役はHey! Say! JUMPの知念侑李が担当。監督は『トリガール!』『あさひなぐ』など話題作の公開を控える英勉、脚本は保木本佳子が務める。

 結婚から始まる物語ということで作中ではウエディングドレス姿を披露する平。「今回、初めてウェディングドレスを着ますが、お姉ちゃんと同じタイミングで、しかも18歳で着られるとは思わなかったです」と喜びをコメントし、「衣装合わせでは、自分も将来着るのかなと思いながらワクワク、そしてドキドキしていました」とキュートな感想を語った。さらに「中島さんと知念さんが、どのような尚と五十鈴になるか楽しみですし、自分自身も香琳はやりたかった役なので、『早く撮影に入りたい!』と思っています」と2人への思いも明かした。

 主演の中島は公開時期に注目し「クリスマス時期に公開なので、皆様にとって、この作品が最高のクリスマスプレゼントになるよう全力で頑張ります」と意気込み、知念は「原作で感じたカッコよさをしっかり表現し、健人に負けないように頑張りたいと思います」と闘志を燃やしている。

 映画『未成年だけどコドモじゃない』は2017年12月23日に公開だ。

(C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
《松尾》

関連ニュース

特集

page top